戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

文禄の役(第一次朝鮮出兵)年表

文禄の役 年表

日明和議交渉
朝鮮・明連合軍VS日本軍 朝鮮水李舜臣VS日本水軍 小西行長×沈惟敬
天正二〇=文禄元年(1592)壬申 一月 秀吉、朝鮮を経て明国へ出兵指令を諸大名に下す。 
四月中旬 日本軍、釜山上陸。 おびただしい日本の兵船が釜山に至る。
四月末 朝鮮国王宣祖の援軍を仰ぐことにして首都ソウル(漢城)脱出。
五月初旬 第一軍の小西行長小西行長、第二軍の加藤清正加藤清正と共に漢城に入る。 玉浦海戦李舜臣李舜臣VS藤堂高虎藤堂高虎水軍
五月下旬 泗川海戦:李舜臣、秘蔵の亀甲船で日本水軍を撃破。
六月初旬 第一軍の行長・宗義智宗義智と第三軍の黒田長政黒田長政、平壌に侵入。 栗浦海戦:李舜臣、来島兄弟水軍を撃破。
六月中旬 第二軍の清正・鍋島直茂鍋島直茂咸鏡道に侵入。
七月初旬 錦山の戦い:権慄郭再祐金誠一ら朝鮮連合軍、第六軍の小早川隆景小早川隆景の全羅道侵入を阻止。 閑山島海戦:李舜臣VS脇坂安治脇坂安治水軍
❸ 安骨浦海戦:李舜臣、九鬼嘉隆九鬼嘉隆加藤嘉明加藤嘉明水軍を撃破。
中旬 明の祖承訓、行長籠る平壌城を攻めるが敗退。
九月 釜山浦海戦:李舜臣、日本軍本陣を襲撃。 1.初交渉:明の大軍の到来に危機を感じた小西行長、明の沈惟敬と交渉し50日間の停戦協定締結。
十月 第一次晋州城の戦い金時敏朝鮮軍VS細川忠興細川忠興ら日本軍。
一二月 天正二〇年一二月八日 文禄に改元
文禄二年(1593)癸巳 一月初旬 平壌の戦い:明の李如松VS行長軍 平壌の戦いにより交渉決裂。
同月下旬 碧蹄館の戦い:明の李如松VS小早川隆景・立花宗茂立花宗茂ら日本軍
二月 幸州山城の戦い:朝鮮軍の権慄VS宇喜多秀家宇喜多秀家ら日本軍 熊川の戦い:李舜臣、5回に渡り、脇坂・九鬼・加藤嘉明水軍ら襲撃。
三月 日本軍、窮地に陥り撤退を決定。小西行長と沈惟敬の交渉再開。
五月 2.明使節初来日:秀吉から、明の皇女を日本の天皇の妃にするなどの「和議七ヶ条」を示される。
六月 第二次晋州城の戦い:日本軍、城内の軍民六万を虐殺。
七月 一時休戦に入る
八月 日本軍の帰国が相次ぐ。豊臣秀頼生まれる。 李舜臣、慶尚・全羅・忠清三道水軍統制使となる。
十月 3.行長と沈惟敬、秀吉の和議七か条が理不尽な内容だったので秀吉の降伏文書を勝手に作成。
文禄三年(1594)甲午三月 秀吉、大坂城を秀頼に与えるため、伏見(桃山)に城を築く。
十二月 4.行長の家臣・内藤如安、「秀吉の降伏文書」(汗)を携えて、北京で明皇帝に拝謁。
文禄四年乙未(1595) 四月に甥の豊臣秀保死去、七月に豊臣秀次豊臣秀次が高野山で自害。
慶長元年(1596)丙申 七月 畿内大地震。これにより東山大仏大破。
九月 5.明使節再来日:明使節・沈惟敬、冊封使として来日、大坂で秀吉と会見。ここで一連の虚偽が暴露し、和議交渉決裂。日本再出兵・慶長の役
一一月 秀吉、キリスト教二六人を長崎で処刑。

年表の味方

  1. 文禄の役は、陸・海・日明和議交渉の三つのカテゴリーに分けて考えると理解しやすいです。
  2. まずは年表を縦に見ていきましょう。その際、文禄・慶長の役 関係地図も併せてご参照ください。
  3. 重要な出来事は、陸は緑海は青日明和議交渉は橙の背景色付きで目立たせました。
  4. 年表を横に見て、陸と海、日明和議交渉の流れ全体をつかめるようになりましょう。

陸は四つ平壌碧蹄館幸州山城第二次晋州城の戦い、海は三つ 玉浦閑山島・安骨浦の戦いをまず押さえましょう。陸と海の戦いが大まかに理解できたら、一番右の日明和議交渉にも目を向けてみましょう。詳細については沈惟敬の解説をご参照ください。

  

文禄・慶長の役

慶長の役 主な戦い

漆川梁海戦南原の戦い稷山の戦い鳴梁海戦蔚山の戦い泗川の戦い順天の戦い露梁海戦

参考文献

北島 万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)

関連記事