戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

露梁(ノリャン/ろりょう)海戦

慶長の役の流れ

慶長二年(1597) 慶長三年(1598)
日本軍北上 形勢逆転 日本軍南下 倭城に籠る 8月秀吉死去、続々と帰国 最後の戦い
7月中旬 8月中旬 9月初旬 同中旬 12月下旬 10月初旬 9~10月初旬 11月中旬
漆川梁海戦 南原の戦い 稷山の戦い 鳴梁海戦 蔚山の戦い 泗川の戦い 順天の戦い 露梁海戦

基本データ

露梁海戦
年月日 慶長3年(1598)11月17日~18日
場所 慶尚道 露梁津
概要 七年にも及ぶ戦争・文禄慶長の役、最後の戦い
対戦軍 日本軍 約五〇〇隻 明・朝鮮連合水軍 約五〇〇隻
大将 島津義弘島津義弘 統制使 李舜臣李舜臣水軍都督 陳璘
部隊 立花宗茂立花宗茂宗義智宗義智、寺沢広高、高橋直次ら 先鋒:明副総兵 鄧子龍、李舜臣
左翼(北方):明水軍 陳璘ほか
右翼(南方):朝鮮水軍 慶尚右水使 李純信、軍官 宋希立、李舜臣の甥の李莞ほか
順天倭城 小西行長小西行長
勝敗 負(兵船二百隻損失、死者一万人前後) 勝(李舜臣、鄧子龍戦死)

解説

1.秀吉の死と行長の贈り物作戦

慶長の役_主な戦い
図1:慶長の役 日本軍進路図

豊臣秀吉豊臣秀吉の命により慶長二年(1597)、日本軍朝鮮へ再侵攻

緒戦は日本軍が優勢でしたが、次第に明・朝鮮連合軍に追い詰められ、翌年八月一八日に秀吉が死去。

これにより、徳川家康徳川家康ら五大老、石田三成石田三成ら五奉行が朝鮮に出兵した日本軍に帰国せよと指示。

しかし一一月七日、明の水軍都督陳璘が秀吉の喪を知ることになり、統制使李舜臣李舜臣と協議して、順天小西行長小西行長の帰国の退路を断つことにしました。

行長は、西路大将・劉綖に多額の賄賂を贈って、撤兵の便宜を計ってくれるよう約束をかわしました。しかし一〇日、順天から出発しようとした行長が目にしたのは、松島の海峡を遮断しようとする敵の艦隊五〇〇余隻。

行長は約束違反の劉綖をなじりましたが、劉綖は退路遮断は李舜臣と陳璘によるもので自分の知るところではないと告げました。そこで行長は陳璘にも賄賂を贈り、陳璘が李舜臣に行長の撤退に協力するよう相談すると、李舜臣は激怒。更に李舜臣の元にも行長は賄賂を贈ろうとすると、李舜臣はこれを一蹴しました。

2.露梁海戦本戦

露梁の海戦
図2:露梁海戦

朝鮮西部の倭城を拠点とした、島津義弘島津義弘立花宗茂立花宗茂宗義智宗義智らは順天に行長が釘付けにされていると聴き、これを救援すべく同月一七日の夜、約五百隻の大船団で昌善島から露梁(ノリャン)に迫りました。

これに対して、陳璘と李舜臣は明・朝鮮軍合わせて約五百隻の兵船を左右に分けて夜襲をしかける作戦で日本軍を待機。 更に陳璘は、配下の副総兵・鄧子竜(としりゅう)を李舜臣と共同させました。

島津義弘率いる兵船が露梁津の海峡に至ると、明・朝鮮の水軍は左右から砲撃。

齢(よわい)七〇を超える鄧子竜は突撃しましたが戦死、二〇〇余人が倒されました。そして島津勢が発した銃弾が李舜臣の胸中に命中。李舜臣は自分の死を敵に悟られないよう、甥の李莞(イワン)に言い残して息絶えました。

陳璘の船が囲まれると、李莞が救援に向かいました。陳璘はこの時、初めて李舜臣が戦死したことを知り、「躍り出て伏すも三度、地を撃って大いに慟(なげ)き」ました。そして「一軍のものも皆慟哭し、その声が海を震わせ」ました。

この戦闘中、小西行長は順天から脱出。島津勢は多数の死傷者を出し、露梁海戦-朝鮮の役の最後の戦いは明・朝鮮連合軍の大勝利に終わりました。

3.露梁海戦の顛末

露梁海戦の最中、島津隊の樺山久高らの船が浅瀬に乗り上げ、南海島に上陸。海戦後、義弘が南海島の島津隊五〇〇人の救出を望み、行長が救出されたことの恩返しとして船を支度することとなりました。

こうして南海島の島津隊が五〇〇人全員救出されがゆえに、一見日本軍が勝利したようにも見えるのですが、敵はそんなに甘いものではありませんでした。南海島では明軍による敗残掃討作戦が行われ、日本兵を追い、容赦なく首をはね、崖から突き落としました。

  

関連トピック

文禄・慶長の役

慶長の役 主な戦い

漆川梁海戦南原の戦い稷山の戦い鳴梁海戦蔚山の戦い泗川の戦い順天の戦い/露梁海戦

文禄の役 主な戦い

玉浦海戦閑山島海戦第一次晋州城の戦い平壌の戦い碧蹄館の戦い

幸州山城の戦い第二次晋州城の戦い

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬劉綖陳璘

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)