戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

玉浦(オクポ/ぎょくぽ)海戦

文禄の役の流れ

文禄元年(1592) 文禄二年(1593)
日本軍北上 形勢逆転 日本軍南下 帰国
5月初旬 同左 7月初旬 10月初旬 1月初旬 同下旬 2月中旬 6月下旬 8月
ソウル陥落 玉浦海戦 閑山島海戦 第一次晋州城の戦い 平壌の戦い 碧蹄館の戦い 幸州山城の戦い 第二次晋州城の戦い 一時停戦へ

基本データ

玉浦海戦
年月日 文禄元年(1592)5月7日 
場所 巨済島(コジェド)の玉浦(オクポ)
概要 首都ソウルが陥落。李舜臣が満を持して挑む最初の海戦。
対戦軍 船数 日本水軍 50余隻 朝鮮連合水軍 74隻
大将 藤堂高虎藤堂高虎 全羅左水使 李舜臣李舜臣
部隊 高虎率いる日本水軍 全羅左水営 蛇渡僉使 金浣(キム・ワン)、防踏僉使 李純信(イ・スンシン)、鹿島万戸 鄭運(チョン・ウン)、順天府使 権俊(クォン・シュン)ら
慶尚右水営 慶尚右水使 元均
全羅右水営 全羅右水使 李億祺(イ・オクギ)ら
勝敗 敗(26隻喪失) 勝(1隻喪失)

解説

最初の海戦

玉浦海戦(VS藤堂高虎)
図:玉浦海戦

豊臣秀吉豊臣秀吉明国制圧の野望により、日本軍朝鮮へ侵攻

文禄元年(1592)四月十三日、第一軍・小西行長小西行長、第二軍・加藤清正加藤清正ら日本軍は、釜山から破竹の勢いで北上、朝鮮陸軍を連戦撃破し、僅か半月で首都ソウル・漢城(ハンソン)で制圧してしまいました。

もはや朝鮮もこれまでか――

ソウル陥落後四日後の五月七日。 朝鮮水軍司令官である全羅左水使李舜臣李舜臣が、七十四隻の兵船を率いて朝鮮の海に現れました。

そして巨済島(コジェド)の玉浦(オクポ)に停泊していた日本水軍・藤堂高虎藤堂高虎率いる五十余隻に大砲を浴びせました。

この奇襲に対し、藤堂高虎は二十六隻もの船を喪失。しかし朝鮮水軍は一隻失ったのみ。朝鮮軍が日本軍に初めて勝利し、日本軍が朝鮮軍に初めて敗北した瞬間でした。

  

関連トピック

文禄・慶長の役

文禄の役 主な戦い

玉浦海戦/閑山島海戦第一次晋州城の戦い平壌の戦い碧蹄館の戦い

幸州山城の戦い第二次晋州城の戦い

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬劉綖陳璘

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)