戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

東アジア各国関係図

東アジア地図

明・女真・朝鮮・日本

東アジア地図

解説

文禄・慶長の役を知るにあたってまず最初に、この頃の明・女真・朝鮮・日本の位置と関係を頭に入れておきましょう。要点は以下5点です。

1.日本の本営は、肥前(佐賀県)名護屋(なごや)と一番最初に制圧した釜山(プサン)です。秀吉は渡海せず、文禄の役は名護屋から、慶長の役は名護屋に赴かず京都伏見から日本軍に指示を出しました。

2.朝鮮王朝の首都は、現在のソウルと変わりませんが、この頃は漢城(ハンソン)と呼ばれていました。

3.明(中国)の首都は北京(ペキン)、副都が南京(ナンキン)です。

4.中国東北部の遼東(りょうとう)は、李如松の一族が代々、中央からモンゴルや女真の防衛を任されていました。またこの地は朝鮮とも隣接している為、日本軍が朝鮮へ侵攻すると、明は朝鮮を救うべく提督として李如松を派遣しました。

5.女真(じょしん)は、遼東と朝鮮の北に位置するオランカイ(満州)に居住。度々、明や朝鮮へ侵攻しては、明や朝鮮を悩ませていました。

  

関連トピック

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図/朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

上垣外 憲一『空虚なる出兵―秀吉の文禄・慶長の役 (Fukutake Books) 』(福武書店、1989年)