戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

慶長の役(第二次朝鮮出兵)年表

目次

年表味方関連記事参考文献

慶長の役 年表


朝鮮・明連合軍VS日本軍

朝鮮水軍 李舜臣VS日本水軍
慶長二年(1597)一月 豊臣秀吉諸将に朝鮮再派兵を命ずる。 元均李舜臣を陥れ、三道水軍統制使となる。
二月 明も朝鮮へ再派兵。
七月 漆川梁海戦:元均、日本水軍に大敗し朝鮮水軍ほぼ壊滅。李舜臣、三道水軍統制使に復帰。
八月 南原の戦い:日本軍、明・朝鮮連合軍が死守する南原城を落とし、大量殺戮と鼻切りを行う。
九月 稷山の戦い経略楊鎬の指令により明軍が、黒田長政毛利秀元らのソウル侵入を稷山で阻止。 鳴梁海戦:李舜臣、藤堂高虎脇坂安治加藤嘉明来島通総ら水軍を撃破。
十二月 蔚山の戦い:明・朝鮮軍、蔚山倭城を包囲し、加藤清正浅野幸長ら日本軍を苦しめる。
慶長三年(1598)八月 秀吉死去。日本軍の帰国に伴い、明・朝鮮軍の追撃戦が始まる。
十月 泗川の戦い:明軍、泗川倭城の島津義弘軍を攻めて敗退。
十一月 順天の戦い:明の劉綖陳璘と朝鮮の権慄・李舜臣連合軍、陸海から小西行長の順天倭城を囲み、帰国の退路を押さえる。 ❸ 順天の戦い:同左。
露梁海戦:李舜臣と陳璘、順天の小西行長を助けに来た島津義弘・立花宗茂宗義智水軍を撃破。李舜臣戦死。行長、この戦いの隙をぬって順天を脱出。

年表の味方

1.慶長の役は、陸・海の二つのカテゴリーに分けて考えると理解しやすいです。

2.まず、年表を縦に見ていきましょう。その際、文禄・慶長の役 関係地図も併せてご活用ください。

3.重要な出来事は、陸は緑海は青の背景色付きで目立たせました。

陸は四つ 南原蔚山泗川順天の戦い、海は四つ 漆川梁鳴梁・順天・露梁の戦いを押さえましょう。詳細については、陸は権慄島津義弘、海は李舜臣元均の各解説をご参照ください。

4.年表を横にも見て、陸と海、全体の流れをつかめるようになりましょう。

  

文禄・慶長の役

慶長の役 主な戦い

漆川梁海戦南原の戦い稷山の戦い鳴梁海戦蔚山の戦い泗川の戦い順天の戦い露梁海戦

文禄の役 主な戦い

玉浦海戦閑山島海戦第一次晋州城の戦い平壌の戦い碧蹄館の戦い

幸州山城の戦い第二次晋州城の戦い

参考文献

北島 万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)

関連記事