戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

秀吉による朝鮮八道色分け地図

目次

朝鮮全土図YOUは何故色分けを?諸大名担当地域

参考文献関連記事

朝鮮全土図

秀吉による朝鮮八道色分けと諸大名担当地域

秀吉による朝鮮八道色分けと諸大名担当地域

※転載禁止/禁止私自转载、加工/Reproduction is prohibited.

YOUは何故色分けを?

朝鮮は、八道(全羅・慶尚・忠清・江原・京畿・黄海・平安・咸鏡)に区分されています。これら八道の「道」とは行政上の区画の意味で、日本の都道府県に当たります。

朝鮮を制圧するにあたり豊臣秀吉豊臣秀吉は、対馬島主宗義智宗義智からもらった「朝鮮八道図」を赤国(全羅道)、白国(慶尚道)、青国(京畿道と忠清道)、黄国(江原道と平安道)、黒国(咸鏡道)、緑国(黄海道)と六つに色分けし、その色分けに基づいて諸将の分担地域を決めました。

漢字が読めないから、八道を覚える気がないから色分けしたであろう秀吉の発想自体に不安を覚えます。それにしても八つではなく六つに色分けって意味がわかりません。然しながら、赤国(あかくに)=全羅道だけは覚えておいておくといいでしょう。

全羅道は穀倉地帯ですが、義兵活動が盛ん且つ全羅左水使李舜臣李舜臣が防衛を固めている為、最も制圧が困難な地域でした。ゆえに日本軍にとって「赤国」は何が何でも制圧したい「象徴」になりました。

諸大名担当地域

秀吉は朝鮮全域を色分けすると共に、諸大名に以下の通り分担地域を定めました。

  1. 慶尚道(キョンサンド,경상도):毛利輝元毛利輝元
  2. 全羅道(チョルラド,전라도):小早川隆景小早川隆景
  3. 忠清道(チュンチョンド,전라도):四国衆福島正則福島正則等)
  4. 江原道(カンウォンド,강원도):毛利吉成
  5. 京畿道(キョンギド,경기도):宇喜多秀家宇喜多秀家
  6. 黄海道(ファンヘド,황해도):黒田長政黒田長政
  7. 咸鏡道(ハムギョンド,함경도):加藤清正加藤清正
  8. 平安道(ピョンアンド,평안도):小西行長小西行長

文禄・慶長の役について本格的に学びたい場合は、八道の位置を把握すると共に、秀吉を反面教師として八道の名前を韓国の発音で言えるようになりましょう。その際、各大名の担当地域と一緒に覚えると(彼らの名前には親しみがあると思いますので)覚えやすいかもしれません。

然しながら全羅道担当の小早川隆景は、文禄元年(1592)七月、錦山(クムサン)において権慄with義兵将郭再祐&金誠一連合軍の迎撃を受けて、全羅道に侵入できていないのでご注意ください。

  

参考文献

関連記事

地図

東アジア各国関係図/朝鮮八道色分け地図/文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図