戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

冊封とは 華夷という名のゆる~い上下関係の一

目次

表:中国と周辺諸国の関係

解説冊封とは華夷とは土司、羈縻、互市関係

冊封関係が発揮される時補註参考文献関連記事

中国と周辺諸国の関係

関係 対象国 特徴
冊封(さくほう) 琉球王国、朝鮮 朝貢に対して中国が国王を任命する。
土司(どし) 西南地域。 土司(士官)という官職を与える。
羈縻(きび) 女真など北方遊牧民。 間接統治。
互市(ごし) 日本、ロシア、西洋諸国 貿易関係。
直接支配 安南(あんなん/ベトナム)

解説

冊封とは

冊封(さくほう、さっぽう)とは、本来中国国内で皇后や親王などを任命(冊立・冊封)する方法が、周辺諸国へ拡大されたもの。そのため、中国と周辺諸国との関係を冊封体制あるいは冊封関係と呼んでいます。

華夷とは

古代中国では、を体現する文化地域が「中華」であり、それ以外の地域は文化を知らない「夷狄」(いてき)[1]とする華夷観念を持っていました。

徳を備えた中国皇帝の威徳が周辺に及ぼすとするのが王化思想です。朝貢をしてきた周辺諸国は、皇帝の威徳を慕ってきたものと解されました。皇帝がそれら周辺諸国の首長に王・侯・君などの爵位を与えて外藩としました。それが冊封体制です。

その始期は漢時代に南越(なんえつ/今の広東あたり)が冊封だったのが始まりとされています。また明代には礼部が対外関係を管轄しました[2]。

土司、羈縻、互市関係

中国とその周辺国との関係は一様ではありませんでした。

緊密な関係にある朝鮮や琉球などは冊封関係、西南地域には土司(どし)・士官を配置、女真など北方遊牧民とは羈縻(きび)[3]関係に位置付けられます。

その外延のロシアや西洋諸国とは形式的には朝貢関係ですが、実質的には貿易のみの互市(ごし)の国として位置付けられます。日本は明と勘合貿易を行っていたので互市とされます。

上記のとおり中国と周辺諸国の関係は様々がありますが、安南(あんなん/ベトナム)などを除くと、基本的に中国が被冊封国の内政に直接干渉することはありませんでした。

冊封関係が発揮される時

文禄・慶長の役において、朝鮮は明に応援を求め、明が何度も援軍を派遣。こうした背景には、朝鮮が朝貢として長年に渡って常日頃(一年三貢)明へ進貢品を献上することを怠らなかったことが挙げられるでしょう。

一方、関ヶ原の戦い後、島津は琉球王国に侵攻。しかし幕府は島津の領分であっても異国とし、琉球王国は幕府軍役対象外の無役でした。

これは幕府が慈悲深いのではなく、明が滅びて清になっても冊封体制に組み込まれ続けること――則ち冊封使が執り行う儀礼と共に皇帝から中山王(琉球国王)として名指しされること――これによって琉球王国は王権を維持したのでした。

冊封というゆるい関係は、日常ではなく有事において、その潜在力の極みを見ることになるでしょう。

  

補註

  1. 夷狄(いてき)は細かく言うと四夷(しい)である東夷(とうい)、西戎(せいじゅう)、南蛮(なんばん)、北狄(ほくてき)を言う。
  2. 朝鮮もまた外務札曹が管轄。
  3. 羈縻(きび):「羈」は馬の手綱、「縻」は牛の引綱の意)つなぎとめること。中国の王朝が周辺の弱小民族に対する支配政策として、その有力者を懐柔し自治を許して間接統治したことにいう。

参考文献

関連記事

明官位相当表朝貢とは冊封使とは久米村三十六姓