戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

蔚山(ウルサン)の戦い 加藤清正の倭城を明軍が包囲、地獄の十日間

目次

慶長の役の流れ基本データ

解説:1.経緯 2.過酷な築城工事 3.次の攻撃目標・加藤清正 4.地獄の十日間

関連記事参考文献

慶長の役の流れ

慶長二年(1597) 慶長三年(1598)
日本軍北上 形勢逆転 日本軍南下 倭城に籠る 8月秀吉死去、続々と帰国 最後の戦い
7月中旬 8月中旬 9月初旬 同中旬 12月下旬 10月初旬 9~10月初旬 11月中旬
漆川梁海戦 南原の戦い 稷山の戦い 鳴梁海戦 蔚山の戦い 泗川の戦い 順天の戦い 露梁海戦

基本データ

蔚山の戦い
年月日 慶長2年(1597)12月23日~翌年正月4日
場所 慶尚道 蔚山倭城(울산왜성/ウルサンウェソン)
概要 六万の大軍に包囲された蔚山倭城・清正以下二千、地獄の十日間。
対戦軍 兵数 城内日本軍2,000人 明・朝鮮連合軍 57,000人
大将 加藤清正加藤清正 経略 楊鎬
部隊 浅野幸長浅野幸長、宍戸元続、太田一吉らほか太田軍医僧 慶念/救援軍13,000人:毛利秀元毛利秀元3900、黒田長政黒田長政600、鍋島直茂鍋島直茂1600、蜂須賀家政2,200、加藤嘉明長宗我部元親小早川秀秋 左協 副総兵 李如梅(りじょばい)12,600人、忠清道兵使 李時言ら朝鮮軍4,000人
中協 副総兵 高策(こうさく)11,700人、慶尚道右兵使 成允門ら朝鮮軍5,200人
右協 副総兵 李芳春(りほうしゅん)11,600人、慶尚道左兵使 鄭起龍ら朝鮮軍3,300人
本軍 提督 麻貴(まき)8,500人
経略 補佐 都元帥 権慄、降倭 沙也可
勝敗 負(城は守ったが救援軍は敵を追撃できず、勝ったとは言い難い。) 勝(日本軍を恐怖のどん底に陥れ、これを機に日本軍が一気に戦線縮小に傾く。)

解説

1.経緯

加藤清正_慶長の役
図1:慶長の役 日本軍進路図_右軍

豊臣秀吉豊臣秀吉の命により慶長二年(1597)、日本軍朝鮮へ再侵攻

これに対して明は、朝鮮に援軍を再派遣。指揮官には経略・邢玠と楊鎬、提督・麻貴らがいました。

緒戦は日本軍優勢で、八月に黄石山(ファンソクサソン)と南原城が陥落し、日本軍による大量殺戮と鼻切りが行われました。

事態の深刻化を受け平壌から南下した楊鎬は、日本軍ソウル侵入を稷山(チクサン)で阻止するよう指令。これにより明軍は北上してきた黒田長政黒田長政毛利秀元毛利秀元ら軍を迎撃しソウル侵入を阻止しました。これ以降、日本軍は進軍せずに各将が朝鮮南岸一帯に築いた倭城倭城に籠りました。

2.過酷な築城工事

倭城分布図_慶尚道南東海岸
図2:倭城分布図_慶尚道南東海岸

同年十一月より加藤清正加藤清正浅野幸長浅野幸長らは、慶尚道・蔚山(ウルサン)に倭城の築城工事をスタートさせました。

普請は幸長と毛利秀元家臣の宍戸元続が担当。軍目付は太田一吉。完成後に城を清正に引き渡し、清正は蔚山を軍事拠点にするという、秀吉の指示あってのことでした。

この普請は医僧・慶念の日記によると「日本から連れてきた農民を朝から晩まで城普請の材木採りに駆り立て、その労役を怠ったり、逃走する者あらば首枷をかけ焼金(火印)をあてる、またはその首を斬る」という過酷さでした。

3.次の攻撃目標・加藤清正

明の邢玠・楊鎬・麻貴の次の狙いは、日本軍のシンボリックな存在・清正。

これに都元帥・権慄も朝鮮軍を率いて加わり同年十二月二三日、明・朝鮮連合軍六万の大軍が日本軍二千余が籠る普請半ばの蔚山倭城を囲みました。

明・朝鮮連合軍の布陣は、総司令官は楊鎬、その下に三協(三部隊)の左協・副総兵 李如梅(りじょばい)、中協・副総兵 高策(こうさく)、右協・副総兵 李芳春(りほうしゅん)を配置。更に朝鮮軍も三協に併せて編成されました。

このとき清正は西生浦倭城にいて、城内の幸長・宍戸元続・太田一吉らは防戦にあたりましたが、一吉は傷を負いました。

4.地獄の十日間

蔚山の戦い
図3:蔚山の戦い
明・朝鮮連合軍、城を包囲し外廓を突破

蔚山の急を聴いた清正は西生浦から船で急ぎ駆けつけ、二四日に蔚山に入城。かくして本丸を浅野幸長・太田一吉、二の丸を清正・宍戸元続、三の丸を清正・毛利家臣がそれぞれ担当することになりました。

容易に外廓を突破した明・朝鮮連合軍は、本丸・二の丸・三の丸に攻め入りました。しかし普請半ばとはいえ城は堅固で、石垣に登ろうとすると上から激しく銃撃を浴びせられ、死者数が続出。

このため楊鎬と麻貴は無理に攻めることをやめて、兵糧攻めの持久戦に転じました。

城内は、突然包囲されたこともあって充分な食料もなく、敵に水道を立たれてしまったため水も飲めず、日数が増えるごとに投降する日本兵が続出。

楊鎬は降伏を勧告する文書を作製し、これを清正の元家臣で降倭の沙也可に持たせました。楊鎬の命を受けて沙也可は、騎馬で蔚山の近くまで行き、日本語で名乗り、城を明け渡し退散すれば軍兵の命は助かると清正に勧告。

日本軍は戦闘能力も士気もなくなっていたので、清正は和議に応じることを決意しましたが、幸長は「敵情量リカタシ」と反対。

それでも清正が和議に応じようとしたところ、年明け二日に毛利秀元毛利秀元黒田長政黒田長政鍋島直茂鍋島直茂加藤嘉明加藤嘉明ら一万三千の救援軍が駆け付け、明・朝鮮軍の背後をつき囲みを解かせました。

五日、楊鎬が全軍に撤退命令を出して十日余続いた蔚山の戦いはついに終了。しかし秀元ら救援軍は敗走する敵軍を追撃しませんでした。

理由は、救援を急いで兵糧も兵士の数も満足でなかったことや、自分の居城(倭城)が心もとないのが原因でした。また、この戦いにより恐怖のどん底に陥れられた日本軍は、一気に戦線縮小・撤退案に傾いていくのでした。

  

関連記事

慶長の役 主な戦い

漆川梁海戦南原の戦い稷山の戦い鳴梁海戦/蔚山の戦い/泗川の戦い順天の戦い露梁海戦

文禄の役 主な戦い

玉浦海戦閑山島海戦第一次晋州城の戦い平壌の戦い碧蹄館の戦い

幸州山城の戦い第二次晋州城の戦い

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 年表慶長の役 年表

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)