戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

脇坂安治(わきざか-やすはる)

プロフィール

脇坂安治
Yasuharu Wakizaka

脇坂氏の始祖。

文禄・慶長の役の水軍将。安治なしで救国の英雄・李舜臣は語れない。

豊臣秀吉の命で日本の諸将朝鮮へ侵攻し都のソウルを落とすと、ソウル奪還のため朝鮮南部の朝鮮軍が北上したが、安治が龍仁(ヨンイン)で撃退した。

この余勢をもってして南下し、朝鮮水軍を撃滅するはずだったが、功名を焦った安治は手勢のみで出陣。閑山島(ハンザンド)で李舜臣率いる朝鮮水軍に大敗北を喫す。

慶長の役では、安治ら日本水軍が元均率いる朝鮮水軍を撃滅。しかし更迭されていた李舜臣が水軍最高司令官として復帰。

安治ら日本水軍が鳴梁(ミョンリャン)で再び李舜臣に挑む―!

享年73(生1554-没1626)。李舜臣より9歳年下、藤堂高虎より2歳年上。

詳細

1.賤ヶ岳の七本槍

文禄年間 中国・四国諸大名配置図
図1:文禄年間 中国・四国諸大名配置図

脇坂安治安治は、天文二三年(1554)近江国浅井郡脇坂生まれ。母は田村景治の妹、父は景治の従弟・孫右衛門。母の再婚相手・脇坂安明の跡取りとなりました。

はじめ明智光秀に属していましたが、織田信長存命時から豊臣秀吉羽柴秀吉に属して姉川の戦い、三木城攻めに参陣。

天正一一年(1583)三〇歳の時、賤ヶ岳の戦い(柴田勝家柴田勝家VS羽柴秀吉)で加藤清正加藤清正福島正則福島正則加藤嘉明加藤嘉明らと共に賤ヶ岳の七本槍の一人として勇名を馳せました。

天正一三年に淡路国州本城主として三万石を領し、天正十八(1590)三七歳の時、小田原合戦で九鬼嘉隆九鬼嘉隆・加藤嘉明・長宗我部元親長宗我部元親らと共に水軍の将として伊豆国下田城を落としました。

2.龍仁(ヨンイン)の戦い

文禄の役地図_脇坂安治
図2:文禄の役 朝鮮全土関係図
龍仁・閑山島海戦など

秀吉の明国制圧の野望により、文禄元年(1592)四月十三日、第一軍の小西行長小西行長宗義智宗義智らが釜山に上陸すると、日本の諸将が続々と朝鮮へ侵攻

三九歳の安治もこれに続き、日本軍は僅か二十日で都・ソウルの漢城を制圧。

日本軍に次々と敗れる中で、李舜臣李舜臣が水軍を率いて巨済島(コジェド)の玉浦(オクポ)で藤堂高虎藤堂高虎の水軍を撃破し、朝鮮軍最初の一勝を挙げると、その後も次々に海上で日本軍を撃退。

一方、ソウルが落ちると首都回復のために朝鮮南部の全羅・忠清・慶尚三道の朝鮮軍が総力を結集し北上。権慄もこれに加わりました。

柳成龍著の『懲毖録(ちょうひろく)』によると、「この時の三巡察使(軍権統括)は、みな文人で、兵務に習熟せず、軍兵が多かったとはいえ命令(系統)が一つではなかった」とあります。

そんな三道の朝鮮軍五万余を、安治率いる日本軍が同年六月六日、ソウルにほど近い龍仁(ヨンイン)であっさり撃退してしまいました。

3.閑山島海戦

閑山島海戦
図3:閑山島海戦

そんなノリに乗っている安治に秀吉から朝鮮水軍の撃滅を命が下ります。

秀吉の期待を一身に背負って安治は、その余勢をもって九鬼嘉隆九鬼嘉隆加藤嘉明加藤嘉明らと共にソウルから南下し、彼らと共に出陣するはずでした。

しかし安治は功名を焦って抜け駆けして手勢のみで同年七月八日、巨済島(コジェド)に出撃。

これに対して李舜臣李舜臣率いる朝鮮水軍は、見乃梁(キョンネリヤン)という細長い川のような狭い地形におとり船で安治率いる日本水軍を誘(おび)き出す作戦に打って出ました。

まんまと引っかかった安治率いる日本水軍が、見乃梁を通り閑山島(ハンザンド)沖の広い海に出た時、 待ち構えていた朝鮮水軍が新たに完成させた亀甲船十一隻を加えた六十余隻で猛攻。

日本軍は五十九隻の兵船を失い、脇坂安治は九死に一生を得ました。損害が僅か四隻の朝鮮水軍の完勝でした。

安治の救援に九鬼嘉隆と嘉明が駆けつけましたが、劣勢を知ると安骨浦(アンゴルポ)に引き揚げます。朝鮮水軍は安骨浦の九鬼・加藤らを襲撃、これも撃破しました。

4.慶長の役

鳴梁海戦
図4:鳴梁海戦

一時停戦を経て、慶長の役が始まると四四歳の安治は再び朝鮮へ渡海。この頃、李舜臣は同僚の元均(ウォン・ギュン)の陰謀よって更迭され、元均が朝鮮水軍を率いていました。

慶長二年(1597)七月一六日、藤堂高虎・安治・加藤嘉明が率いる日本水軍は漆川梁(チルチョンリャン)にて元均率いる朝鮮水軍を撃破。陸地に逃れた元均は、陸地で待機していた島津義弘島津義弘軍が襲撃し元均敗死。李舜臣が作り上げた朝鮮水軍はこの一戦でほぼ壊滅しました。

しかしこれにより李舜臣が、朝鮮水軍最高司令官(統制使)として復帰。

同年九月一六日の鳴梁(ミョンリャン)海戦で、藤堂高虎藤堂高虎・安治・加藤嘉明加藤嘉明来島通総来島通総ら率いる日本水軍一三三隻は、李舜臣率いる朝鮮水軍十三隻に惨敗。来島通総に至っては戦死しました。

慶長三年八月に秀吉が死去し、同年一一月、李舜臣・陳璘率いる朝鮮・明連合水軍が最後の力を振り絞って、露梁(ノリャン)海峡にて島津義弘島津義弘立花宗茂立花宗茂らの船団を撃破してこの戦争は幕を閉じました。

5.晩年

関ヶ原合戦直前の諸大名配置図
図5:関ヶ原合戦直前の諸大名配置図

帰国後、慶長五年(1600)九月の関ヶ原の戦いでは、四七歳の安治は西軍に従いました。

しかし密かに徳川家康徳川家康に通じ、小早川秀秋小早川秀秋らとともに東軍に寝返り、味方であったはずの西軍・大谷吉継大谷吉継の部隊を攻撃しました。

戦後は家康の命により、敗戦の将・石田三成石田三成の佐和山城を攻撃。慶長一四年(1609)五六歳の安治は、淡路国州本から転じて伊予国大洲城主になりました。享年七三。

安治を始祖として脇坂氏は小藩の外様大名でしたが、江戸後期の安董(やすただ)の代に譜代になり、安董・安宅(やすおり)は老中まで務めました。

それにしてもイヤなヤツだねえ(笑)。だけど安治の暴走なくして閑山島海戦はあそこまで盛り上がらなかったはず。ドラマチックをカムサハムニダ(ありがとうございます)。

脇坂安治 相関図

主君

豊臣秀吉豊臣秀吉

文禄の役

龍仁の戦いライバル:権慄

閑山島海戦ライバル:李舜臣李舜臣

安骨浦海戦:関山島海戦における脇坂の救援に九鬼嘉隆九鬼嘉隆加藤嘉明加藤嘉明が駆けつけました。

慶長の役

漆川梁海戦ライバル:元均/味方:藤堂高虎藤堂高虎島津義弘島津義弘加藤嘉明加藤嘉明小西行長小西行長

鳴梁海戦ライバル:李舜臣/味方:藤堂高虎藤堂高虎来島通総来島通総加藤嘉明加藤嘉明

関ケ原の戦い

東軍:徳川家康徳川家康に内通。/安治と共に寝返り:小早川秀秋小早川秀秋

西軍:大谷吉継大谷吉継の部隊の攻撃。戦後石田三成石田三成の佐和山城を攻撃。

  

関連トピック

脇坂安治

肖像素材イラスト

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図倭城とは 分布図と一覧合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

参考文献

北島 万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)

国史大辞典編集委員会 編集 『国史大辞典 (14) 』(吉川弘文館 1993年 )

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

柳 成竜 (著), 朴 鐘鳴 (翻訳)『懲毖録 (東洋文庫 357)』(平凡社 、1979年)