戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

柴田勝家(しばた-かついえ)賤ヶ岳の最期まで織田への忠誠を貫く猛将

目次

プロフィール詳細:1.一向一揆攻め 2.民政家として

3.お市の方と結婚 4.賤ヶ岳の戦い

相関図参考文献関連記事

プロフィール

柴田勝家
Katsuie Shibata

尾張(愛知県)出身。越前北ノ庄(福井県)城主。通称・権六。

織田家の顔とも言える猛将。

信長の妹であるお市の方と夫婦になり、お市の方の連れ子である三姉妹の淀殿お初お江の義理の父親となる。

槍働きだけでなく、北ノ庄の新田開発、道路の開墾など民政にも力を入れた。信長死後、賤ヶ岳で秀吉と対決するが――

享年62?(1522?-1583)同世代は武田信玄千利休

詳細

1.一向一揆攻め

織田信長勢力図_元亀年間
図1:織田信長勢力図_元亀年間

柴田勝家勝家ははじめ、織田信長織田信長の弟である織田信行に属して信長と敵対していました。その後、信長に赦(ゆる)されて信長の家臣となり、永禄三年(1560)今川義元桶狭間の戦い、元亀元年(1570)浅井長政姉川の戦いに従軍。

顕如との石山合戦において、元亀元年(1570)伊勢(三重県)長島の一向一揆を攻めるも織田軍は敗北。翌年織田軍は再度挑むも、氏家卜全(ぼくぜん)は討死、勝家は負傷しました。

天正三年(1575)越前一向一揆攻めに功があり、同年北ノ庄(福井県)城主となりました。同七年(1579)八月加賀の一向一揆は勝家によって滅ぼされ、同八年本願寺の降伏などがあり、翌年門徒三〇〇余人が磔刑に処せられました。

2.民政家として

信長から越前の支配を任された北ノ庄城主の勝家。これには府中三人衆と言われる前田利家前田利家佐々成政佐々成政・不破光治が目付として配置され、相互監視の体制がとられました。

勝家は新田開発につとめ、検地を施行し、北国街道から柳ケ瀬(滋賀県)に通じる道路の開墾を行うなど、民政にも力を入れました。

また一揆に加わった門徒農民から没収した武器を農具に打ち直し、九頭意川の船橋をつなぐ鎖にしたようで、これは豊臣秀吉秀吉刀狩令の先駆という評価も受けています。

3.お市の方と結婚

東海・近畿地方_戦国時代地図
図2:東海・近畿地方_戦国時代地図

信長が明智光秀明智光秀に討たれた本能寺の変のあと、勝家は越後の上杉景勝上杉景勝と対峙。

そんな勝家と対象的に機知に富む秀吉は、毛利氏(小早川隆景小早川隆景)と対峙していたにも関わらず、急ぎ京に向かって駆け出し、あっという間に山崎で光秀を倒してしまいました。

その後の信長の後継者を決める清州会議では、秀吉に主導権を奪われ、ここでも勝家は大きく水をあけられました。

然しながら信長三男の信孝の勧めで、浅井長政浅井長政の未亡人となっていたお市の方お市の方が勝家に嫁いできました。

お市の方は信長の妹で、浅井長政との間にできた三姉妹淀殿淀殿(茶々)常高院お初崇源院お江も連れて来ました。却って恐ろしいような気もしますが、北ノ庄城が華やかになったのでした。

4.賤ヶ岳の戦い

天正一一年(1583)賤ヶ岳(滋賀県)において柴田勝家軍二万と秀吉軍三万が対陣。勝家軍として勝家甥の佐久間盛政ほか滝川一益、佐々成政、織田信孝らも奮戦しました。

武運拙く、秀吉に敗れた勝家は家族が待つ北ノ庄城に逃れました。勝家とお市の方は、まだ将来のある三姉妹を城の外に出し、秀吉方へ送り届けました。

城の天守閣に火にかけた勝家は、お市の方とともに命を絶ったのでした。

柴田勝家 相関図

織田家

主君:織田信長織田信長

同僚の老臣:佐久間信盛丹羽長秀丹羽長秀

越前支配

 

府中三人衆:前田利家 前田利家佐々成政佐々成政・不破光治

ライバル:上杉景勝上杉景勝

家族

奥さん:お市の方お市の方/義理の娘:淀殿淀殿(茶々)常高院お初崇源院お江

賤ヶ岳の戦い

味方:織田信孝滝川一益/ライバル:豊臣秀吉豊臣秀吉池田恒興

  

参考文献

国史大辞典編集委員会 編集 『国史大辞典〈第7巻〉 』(吉川弘文館1990年 )

関連記事

柴田勝家

素材:肖像雁金紋軍旗/イラスト:渋い荒い豆まき衝撃