戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 戦国武将何でも人気ランキング

ランキング

自分が最期を飾るならこの戦国合戦!ランキング

結果発表

順位 票数 合戦名
1位 9票 関ヶ原の戦い
2位 8票 川中島の戦い
3位 7票 大坂夏の陣
4位 3票 岩屋城攻防戦
5位 2票 天目山の戦い
6位 1票 河越夜戦
戸次川の戦い
小谷城の戦い
小牧・長久手の戦い
神奈川合戦

総投票数34票(2010年4月)

お題考案者

mienneさんからのメッセージ

一華咲かせてパッと散るなら…自分は“夏の陣の四天王寺”かな、と。最近よく、ガラシャの辞世の句が頭をよぎるんですよね~。。。散り際とか引き際…考えちゃう。苦笑

みんなのコメント

関ヶ原の戦い

★全国の諸大名が一堂に会して総力を挙げて(挙げていない部隊もありましたが(汗)ぶつかった関ヶ原本戦で。できれば最期に、大谷吉継と平塚為広みたいに主君か家臣と句のやり取りがしたいです。 (ソレガシさん)

★吉継公と共に死ねるのなら我が生涯一片の悔い無し!! (乱世同好会会長さん)

★一番アツイ戦いだから! (こてつさん)

★ほっこり大谷隊に入りたい。 (ねころびんさん)

★三成、小西、大谷、宇喜多と一緒に戦いたいです。 (LLさん)

★宇喜多軍などと、西軍で戦いたい (トウフさん)

川中島の戦い

★謙信ファンだからです。謙信の惚れた信玄に斬られるなら良いのじゃな。 (【KEN】神さん)

大坂夏の陣

★戦国の終わりとともに散ろうではありませんか。真田軍に入れてほしい (結城秀康さん)

★もうこれしかない(匿名希望)

★幸村と盛親先生と共に戦いたいです!(匿名希望)

★やはり最後の大戦(おおいくささん)

★幸村好きとしてこの合戦が一番でしょう。 (零基さん)

岩屋城攻防戦

★大友家のため、はたまた実子の立花宗茂のために、島津の大軍相手に籠城戦を展開し、島津の九州制覇を事実上頓挫させた高橋紹運公の元で戦って散りたいものです。 (びびんばさん)

★散るなら紹運様のもとで散りたい! (元松永マニアさん)

★紹運の下なら命を捨てられる。宗茂になら未来を委ねられる。 (藤九郎さん)

天目山の戦い

★武田派としては、この武田家最期の戦いで己の命尽きるまで、武田の御当主をお守りする所存!(リューザキ弾正さん)

★勝頼を主君としたいから、ならここで死なないとね。 (YOMUさん)

戸次川の戦い

★信親殿と共に最後まで戦い、戸次河原の露と消えたい。 (たかのはさん)

小谷城の戦い

★殿に介錯してもらうor殿の介錯をする……どっちでもいいので、最期までくっついていたい (哉ヱ門さん)

小牧・長久手の戦い

★後の天下人二人の激突という、かなりソソる戦です。愛する徳川家康がポスト天下人へと躍進する契機になった戦ですが、御先祖(一応)こと堀尾吉晴は羽柴家臣なんですよね……。忠義か、孝行か、それが問題だ。(じゅごいのげさん)

神奈川合戦

★地元なので自宅から「いってきま~す。」「うっかれた~。ただいま。」的な。 (藤原秀郷さん)

岩屋城攻防戦解説(高橋紹運VS島津氏)

天正10年頃の九州地方は、龍造寺隆信と大友宗麟と島津義久(弟に島津義弘)の三勢力が覇権を争っていました。しかし龍造寺隆信が島津氏に敗れ大敗。

そして、高橋紹運(じょううん)の主君である宗麟も耳川の戦いで島津氏に大敗。しかも宗麟はキリスト教に傾倒しすぎて、こっちの世界に戻って来ない!そして同じく宗麟の家臣であり、紹運の大先輩である立花道雪は、病に倒れ死去。島津軍が九州南部へと勢力を伸ばし、大ピンチ紹運にとって頼みは本土の豊臣秀吉の援軍のみでした。

大先輩・道雪の婿養子になった紹運の息子、立花宗茂が守る立花城はなんとしても死守しなければならなない。島津軍の立花城侵攻を食い止める為、紹運は死を覚悟で岩屋城に籠り、島津軍をおびき寄せ、秀吉の援軍が来るまで時間稼ぎをする作戦に出ました。

高橋紹運軍約800人に対し、島津軍(大将は島津忠長)約2万人という、それ戦いになるんかい!?という岩屋城攻防戦が幕を切りました。

しかし流石は名将・高橋紹運、約一千~四千人とも言われる数の島津軍の兵を討ち取りました。そして時間稼ぎに成功した紹運と800人の兵ですが、衆寡敵せず、全員討ち死にしました。

勝利した島津軍ですが、多くの兵を失った為、戦力を喪失しました。そして立花城を包囲していた島津氏が撤退すると、宗茂は実父・紹運が死守した岩屋城を見事に奪還。豊臣秀吉の援軍がやっと上陸すると、島津氏は秀吉に降伏するのでした。

投票フォーム

  

関連トピック

戦国武将ランキング一覧

一番好きな戦国武将

朝鮮・明:2017/日本:2016年'15'14'13'12'11'10下'09'08下'07'06

名前、あだ名

戦国武将のあだ名、通称戦国武将の幼名戦国武将の名前戦国 好きな「鬼」

性格

敵に回すと厄介な戦国武将ちょっとおかしくて笑っちゃう?武将仲良しになれそうな武将

自分と性格が正反対な戦国武将自分と似ている戦国武将逆境に強すぎる戦国武将

上司、部下、軍師

戦国 軍師腹心の部下として重用してみたい戦国武将上司にしたい戦国武将

味方、仲間、謀反人

一番好きな謀反人or裏切り者敵の敵は味方自分の好きな戦国武将の仲間

マニアックな武将

マニアックな戦国武将好きな文化人的武将戦国 隠れた名将

団体戦

戦国武将の兄弟戦国武将のお家豊臣家臣団徳川家康家臣団

変化球型

最初に好きになった戦国武将渋すぎる武将印象的な肖像画の武将四番目に好きな武将

なんか気になる武将2番目に好きな武将戦国好きあるある

言葉、お姫様、夫婦

戦国 私が好きな時世の句心に残る、戦国武将のことば戦国夫婦投票戦国お姫様

合戦

最期を飾るならこの合戦!/槍働き武将関ヶ原の戦い名シーン戦国時代の合戦

メディア

戦国時代小説天地人風林火山NHK大河ドラマ役者だったら演じてみたい武将やお姫様

役職、城・寺社、家紋

戦国武将の官位・官職戦国武将の役職お城お寺戦国家紋