戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

北条綱成(ほうじょう-つなしげ)

プロフィール

北条綱成
Tsunashige Hojyo

静岡県出身の北条氏康の家臣。幼名は勝千代。

元々は今川氏の家臣だったが、氏康のお父さん・氏綱に何故か異常に認められ、北条家の婿養子となる。

氏綱死後は氏康の片腕となり、北条家の合戦のほとんどを連戦連勝で飾った。

いくさだけでなく外交も得意。小田原合戦の前に死去。

享年73(生1515-没1587)。主君の北条氏康と同い年。

詳細

綱成は北条姓を名乗っていますが実は元々は今川家の家臣で、福島勝千代と名乗っていました。

実父は猛将で有名な福島正成(まさしげ)とされています。その父が武田とのいくさで討死し今川家の派閥争いに福島家が破れると、綱成は今川家を追われて北条家に仕官しました。

北条家二代目当主氏綱に何故か異常に認められた綱成は、氏綱から名前の一字をもらい、また氏綱の嫡男・北条氏康氏康の妹を娶(めと)りました。

かくして綱成は北条の支城である河越城主となります。しかし河越城はある日突然、関東管領・上杉憲政連合の大軍に包囲されてしまいました。そこに氏康が数千の兵を引き連れて救援に向かいます。

結果、氏康と綱成は敵の十分の一の兵力で勝利をおさめました。このふたりの絆には目を見張るものがあります。また、今川家の家臣だった綱成が、自分の力で北条家でのし上がっていくサクセスストーリーもいいですね。

これだけは覚えておけ!…って何故?

綱成の口癖:戦う前に勝つ!

綱成の旗印:地黄八幡/読み方は「じおうはちまん」もしくは「じきはちまん」

北条綱成相関図

義父(綱成の正室の実父):北条氏綱

主君:北条氏康北条氏康/氏康死後は息子:北条氏政北条氏政を支えました。

塙団右衛門が綱成に仕えたことがあるという伝説があります。

  

関連トピック

北条綱成

イラスト:リアルR35川越城