戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

上杉謙信(うえすぎ-けんしん)

プロフィール

上杉謙信
Kenshin Uesugi

越後(新潟県)の戦国大名。幼名は虎千代(とらちよ)。

正義の為に戦い、生涯独身を貫く個性派。

武田信玄が塩がなくて困っていると、敵にも関わらず塩を送る。

新潟県民なのに関東管領という職についている。

享年49(生1530-没1578)。

武田信玄より9つ年下、織田信長より4つ年上。

詳細

上杉謙信上杉謙信は、上杉憲政が北条氏康北条氏康に負けて謙信に助けを求めた時も、村上義清武田信玄武田信玄に負けて助けを求めに来た時も、彼らの為に彼らの敵とわざわざ戦うという不思議な武将です。

また北条家から人質が送られてきたときも人質は好きじゃないと、人質を養子にしてしまいます。また、生涯奥さんをもらわなかったという戦国武将の中でもかなりの個性派です。

謙信は小さい頃お寺に入っていて、毘沙門天をあがめて、自らをも毘沙門天の化身と豪語していました。謙信の生き方はいつも関心させられるのですが、仏の教えに基づいているようです。

戦国時代の正義の味方、越後の上杉謙信。誰もが自分の領地を広げることしか考えてない時代、ただひとり正義の為に闘っていた人がいたとは感慨深いです。

上杉謙信相関図

上杉家の人々

甥っ子:上杉景勝上杉景勝/家臣:直江兼続直江兼続 

ライバル

武田信玄武田信玄北条氏康北条氏康織田信長織田信長 

その他

ピンチから救った武将:村上義清

  

関連トピック

上杉謙信

素材:肖像軍旗/イラスト:リアルほっこり似顔絵描き方