戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

慶長の役 日本軍進路

目次

慶長の役 日本軍進路図解説参考文献関連記事

慶長の役 日本軍進路図

慶長の役前半戦 1597年7月~9月末

慶長の役 日本軍進路図

※転載禁止/禁止私自转载、加工/Reproduction is prohibited.

解説

豊臣秀吉豊臣秀吉明国制圧の野望により、文禄の役日本軍朝鮮全土に進軍。緒戦は優勢でしたが、次第に劣勢となり日明和議交渉において日本軍は首都ソウル(漢城)から撤退することとなりました。

一時停戦時を経て再出兵となり、総大将の小早川秀秋小早川秀秋を釜山に留め、軍全体を左右に分けて日本右軍毛利秀元毛利秀元黒田長政黒田長政加藤清正加藤清正らはソウル再侵入を目指して北上。

左軍の宇喜多秀家宇喜多秀家島津義弘島津義弘らは穀倉地帯・全羅道を目指して進軍。水軍の藤堂高虎藤堂高虎らは再び李舜臣李舜臣と全羅道・鳴梁海峡で対決することになります。

さて上記と進路図は、慶長の役前半戦(1597年7月~9月末)の話です。この頃は、日本軍が襲撃して朝鮮・明連合軍が迎撃していました。

しかし慶長の役後半戦は、日本軍が劣勢となり立場が逆転。日本軍は進軍せずに各将が倭城に籠り、これを朝鮮・明連合軍が襲撃、日本軍が迎撃することになります。

それでは倭城について次ページで詳しくみていきましょう。

  

参考文献

関連記事

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図/倭城とは 分布図と一覧合戦地図