戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

倭城とは 分布図と一覧

倭城分布図

倭城分布図

慶長の役 日本軍 :右軍在番の倭城/:左軍在番の倭城/:水軍在番の倭城/:日本本営 釜山倭城

倭城一覧

慶長の役日本軍/担当地域 倭城 築城年 築城者 慶長2年12月(蔚山の戦い時点)の在番
右軍/慶尚道 南東海岸 蔚山(울산/ウルサン)倭城 慶長2 浅野幸長・太田一吉・宍戸元続ら 加藤清正・浅野幸長・太田一吉・宍戸元続ら
西生浦(서생포/ソセンポ)倭城 文禄2 加藤清正 同左
梁山(양산/ヤンサン)倭城 慶長2 黒田長政 同左
馬山(마산/マサン)倭城 鍋島直茂・勝茂 同左
総大将/釜山日本本営 釜山(부산/プサン)倭城 文禄1 毛利輝元 小早川秀秋毛利秀元宇喜多秀家
水軍/慶尚道 南海岸 安骨浦(안골포/アンゴルポ)倭城 文禄2 脇坂安治九鬼嘉隆・加藤嘉明 藤堂高虎・脇坂安治交代在番
熊川(웅천/ウンチョン)倭城 文禄1 小早川隆景
左軍/慶尚道 南西海岸+全羅道 順天 固城(고성/コソン)倭城 慶長2 立花宗茂 同左
泗川(사천/サチョン)倭城 長宗我部元親・毛利吉成ら 島津義弘
南海(남해/ナムヘ)倭城 脇坂安治 宗義智
順天(순천/スンチョン)倭城 宇喜多秀家・藤堂高虎 小西行長

解説

倭城とは

倭城(わじょう/왜성,ウェソン)とは、日本軍が朝鮮南岸一帯に築いた日本式の城郭で、御仕置之城(おしおきのしろ)とも呼ばれています。

倭城の多くは、日明和議交渉により文禄二年四月日本軍ソウル撤退後、豊臣秀吉豊臣秀吉の命令によって築城。慶長の役後半戦は倭城を軍事拠点としました。

東は慶尚道・蔚山、西は全羅道・順天まで約三〇ヶ所の倭城があり、その遺跡は現存しています。分布図と一覧は慶長の役を理解するにあたって、知っておくとよい倭城一一城を厳選しました。

倭城を巡る主な戦いは、慶長の役年表の通り、加藤清正加藤清正蔚山の戦い島津義弘島津義弘泗川の戦い小西行長小西行長順天の戦いです。まずはこの三倭城を覚えましょう。

  

関連トピック

文禄・慶長の役

相関図

朝鮮・明連合軍文禄の役 日本軍慶長の役 日本軍

概要

文禄・慶長の役とは

地図

東アジア各国関係図朝鮮八道色分け地図文禄の役 日本軍進路

慶長の役 日本軍進路図/倭城とは 分布図と一覧/合戦地図

年表

文禄の役 略年表慶長の役 略年表

朝鮮国

朝鮮の官制その1 京官その2 外官-陸軍・水軍、地方行政朝鮮王朝の党争

明国

明の官位相当表

日本国

文禄年間 全国の諸大名配置図九州中国・四国近畿東海・北陸東日本

慶長前期 全国の諸大名配置図村上水軍とは 前編後編

戦後

日朝国交回復年表

朝鮮国 人物

王室:宣祖光海君/朝廷:柳成龍金誠一/陸軍:権慄金時敏沙也可

水軍:李舜臣李舜臣元均/義兵将:郭再祐/学者:姜沆

明国 人物

万暦帝沈惟敬李如松楊鎬陳璘

参考文献

笠谷 和比古, 黒田 慶一 『秀吉の野望と誤算―文禄・慶長の役と関ケ原合戦 』(文英堂、2000年)

北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)