戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

北条氏政(ほうじょう-うじまさ)

プロフィール

北条氏政
Ujimasa Hojyo

神奈川県小田原市の大名。幼名は松千代丸。

お父さんは北条氏康。氏康の長男・新九郎は夭逝(ようせつ)した為、 次男である氏政が四代目として後北条家を継いだ。

豊臣秀吉との合戦に敗れ氏政は斬首、息子の氏直は寺に入った。北条王国は戦国に始まり、戦国に幕を下ろした。

享年53。鍋島直茂と同い年。豊臣秀吉より1歳年上。

詳細

鎌倉時代の北条氏(北条政子や北条時宗など)と戦国時代の北条氏とは全く関係がありません。

これを区別して、戦国時代の北条氏は後北条氏(ごほうじょうし)とか小田原北条氏とか呼んだりします。大変ややっこしいですね。

戦国時代の北条氏は五代続きました。初代北条早雲北条早雲が、関東に新しい国をつくり、それが後北条氏の始まりです。早雲死後も北条氏は関東で領土を拡大していき、4代・氏政の代には関東最大の大名として、北条氏の栄華がピークに達しました。

豊臣秀吉豊臣秀吉の時代となり、秀吉が天下統一を目指します。北条氏は秀吉と和睦するか、北条氏の意地を見せ戦うのか選択をせまられます。北条氏はわりと民主主義的な所があって、みんなで話し合いました。しかしなかなか決まりません。これを小田原評定といってことわざにまでなっています。

やっと決めた選択は、戦うことでした。豊臣家VS北条氏の戦いは「小田原の戦い」と言います。結果、北条氏の惨敗。氏政は斬首となり、五代・氏直はお寺に入ることになりました。ここに後北条氏は幕を閉じます。戦国にだけ存在した後北条氏。最期まで北条氏らしさを失わなかった一族でした。

北条氏政相関図

家族

お父さん:北条氏康北条氏康/頭が上がらない人:北条綱成

ライバル

織田政権時:滝川一益/小田原合戦:豊臣秀吉豊臣秀吉佐竹義宣堀尾吉晴

滅びた家の当主

今川義元武田勝頼浅井長政などなど

  

関連トピック

北条氏政:肖像素材イラスト