戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

蒲生氏郷(がもう-うじさと)洗礼名レオン、ライバルは伊達政宗!?

目次

プロフィール詳細相関図関連記事

プロフィール

蒲生氏郷
Ujisato Gamo

近江(滋賀県)出身、陸奥(福島県)の戦国大名。

幼名は鶴千代、洗礼名はレオン。伊達政宗のライバル。

織田信長の小姓をしていた経歴を持ち、信長死後は豊臣秀吉に仕え、東北の伊達政宗の監視役を命じられ、政宗を牽制した。

朝鮮の役では、秀吉の渡海を制止しようする浅野長政徳川家康前田利家とともに援護した。

享年40(生1556-没1595)。藤堂高虎と同い年。上杉景勝より一つ下。

詳細

文禄年間 東日本諸大名配置図
図1:文禄年間 東日本諸大名配置図

蒲生氏郷蒲生氏郷は、伊達政宗伊達政宗の前に立ちはだかる文武両道の武将です。

氏郷の幼い頃、お父さんの人質として、美濃国岐阜の織田信長織田信長の所に送られました。しかし、氏郷のずば抜けた器量を信長は見抜き、氏郷は信長に大変気に入られました。

本能寺の変を迎え、信長死後、豊臣秀吉豊臣秀吉に仕えた氏郷。秀吉も氏郷の器量を高く評価していました。東北の伊達政宗の見張り役には氏郷が適任ということで、秀吉の命により氏郷は伊勢(三重県)から、会津若松(福島県)にお引越し。氏郷はそこで42万石、最終的には92万石を与えられました。

一筋縄では豊臣家の言うことを聞くわけがない政宗に、慣れない土地で苦心する氏郷でしたが、政宗にとっても文武両道の氏郷はとても手ごわい相手。逆に言えばお互い、ライバルとしては申し分ない存在でした。

文禄の役では肥前・名護屋に出陣。秀吉の渡海を制止しようする浅野長政浅野長政徳川家康徳川家康前田利家前田利家とともに援護しました。しかし名護屋で病にかかり、伏見の自邸で40歳の若さで死去。

洗礼名レオンという名でキリシタンとしても名高く、茶の湯と和歌も愛した武将であり文化人であった氏郷の人生は、時世の句に集約されているようにも思えます。

時世の句 「限りあれば吹かねど 花は散るものを こころみじかき春の山風」

エピソード

まだ収入が少なかった頃、氏郷はよい働きをした家臣に褒美を出したくても、褒美を出すお金がありませんでした。とりあえず氏郷は、よい働きをした家臣を自分の屋敷に呼び、食事を出す前に、お風呂に入ってもらいました。

お風呂を焚いているのは、なんと氏郷自身。これには家臣もびっくり。お金のない彼の精一杯の気持ちだったのでした。

蒲生氏郷 相関図

ライバル

伊達政宗伊達政宗

主君

織田信長織田信長豊臣秀吉豊臣秀吉

文禄の役 名護屋後詰め組

徳川家康徳川家康前田利家前田利家・氏郷

茶の湯

師匠:千利休素材千利休/利休七哲:氏郷・細川忠興素材細川忠興

  

関連記事

蒲生氏郷:肖像素材三つ巴紋イラスト