戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

朝鮮王朝の役職・階級 官制と議政府

目次

主要官制議政府解説:1.科挙 2.議政府 3.六曹

4.官吏 5.文官統制参考文献服飾関連記事

主要官制

国王

京官(中央行政)

  1. 内閣:議政府
  2. 主要機関:備辺司、承政院、義禁府、司憲府、司諫院
  3. 文書管理等:弘文館、芸文館、春秋館、成均館
  4. 外務・講義:承文院、司訳院、経筵、世子侍講院
  5. 王族・護衛:宗親府、忠勲府、敦寧府、内禁衛
  6. ソウル行政等:漢城府、捕盗庁、掌隷院、典獄署、開城府

外官(地方行政)

  1. 武官、地方官:陸軍・水軍、地方行政、有事の際の臨時職

そのほか略:儒者姜沆曰く「有名無実と化した官職が多すぎる。『看羊録』」

議政府

国王
議政府(ウイジョンブ,의정부)内閣
領議政(ヨンイジョン,영의정)宰相/正一品
右議政(ウイジョン,우의정)副首相/正一品 左議政(チャウイジョン,좌의정)副首相/正一品
右参成(ウチャムソン,우참성)補佐官/従一品 左参成(チャチャムソン,좌참성)補佐官/従一品
右参賛(ウチャムチャン,우참찬)補佐官/正二品 左参賛(チャチャムチャン,좌참찬)補佐官/正二品
六曹(ユクジョ,육조)行政事務
吏曹(イジョ,이조)人事 戸曹(ホジョ,호조)大蔵 札曹(イェジョ,예조)外務 刑曹(ヒョンジョ,형조)法務 工曹(コンジョ,공조)建設 兵曹(ピョンジョ,병조)軍務
判書 判書 判書 判書 判書 判書
参判 参判 参判 参判 参判 参判
参議 参議 参議 参議 参議 参議
正郎 正郎 正郎 正郎 正郎 正郎
佐郎 佐郎 佐郎 佐郎 佐郎 佐郎
  • 判書(パンソ,판서)大臣/正二品/各曹1人
  • 参判(チャムパン,참판)次官/従二品/各曹1人
  • 参議(チャムイ,참의)局長/正三品/各曹1人
  • 正郎(チョンラン,정랑)部長/正五品/各曹3人
  • 佐郎(チャラン,좌랑)課長/正六品/各曹3人

解説

朝鮮王朝(李氏朝鮮)に対する予備知識がないと、韓国時代劇はもとより文禄・慶長の役全体を理解するにあたって困ることがあるので、この機に王朝の政治・統治システムについて見てみましょう。

1.科挙

朝鮮王朝の役人は、文官も武官も科挙(官吏登用試験)の合格者です。貴族階級である両班(ヤンバン,양반)でなくてもを受験できます。よって少数ながら、両班以外の者の立身出世の機会となりました。

2.議政府

朝鮮王朝は主権者のの下に、議政府(ウイジョンブ,의정부)が置かれています。

議政府とは、百官をまとめ、庶政を総括する最高行政府。内閣として領議政(宰相)正一品~左右参賛(補佐官)正二品まで一人ずつ、七人います。

特に領議政と左右議政の三人を議政(ウイジョ,의정)と呼びます。

3.六曹

議政府の下には、行政事務を掌る六曹(ユクジョ,육조)が置かれています。曹(そう)とは役所の意味で、吏曹(人事)・戸曹(大蔵)・札曹(外務)・刑曹(法務)・工曹(建設)・兵曹(軍務)の六つの官庁で組織されています。

各曹は所管している部署があり、例えば札曹は文書管理、刑曹は刑務所などを所管。一方、六曹所管から外れる宮内庁や裁判所王族・護衛のような機関も多々あります。

六曹の人員は正一品判書~正六品佐郎九人ずつ五四人、戸曹と刑曹は従六品以下が九人ずつ一八人、六曹全体で七二人になります。

4.官吏

官吏は組織ごと正一品~従九品まで品階が定められて、堂上官と堂下官に大別されます。これにより、官服の色や胸背角帯貫子などに至るまで細々区別されました。

5.文官統制

朝鮮王朝は、明と冊封および朝貢という君臣関係にあります。更に明の政治同様、文官統制(シビリアン‐コントロール)であるため、文官が武官の上位に位置します。

そのため備辺司(国家安全保障会議)の都提調(長官)は、議政府の議政が兼任、副提調(副長官)は議政府の六曹である吏・戸・札・刑・工・兵の判事等が兼任。軍務大臣にあたる兵曹判書も文官だということです。

武官の権力は最小限に抑えられていたので、李舜臣李舜臣のような優秀な武官でも文官に逆らうことはできませんでした。

  

参考文献

服飾

服飾:国王/役人 官服戒服具軍服鎧 甲冑

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯戦笠朱笠茼箇藤策兵符

女官組織

内命婦側室階級所属部署女官階級

関連記事

朝鮮王朝の党争朝鮮・明連合軍明の官位相当表