戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝役人 服の四角 胸背(ヒュンベ)とは フリーイラスト付き解説

目次

フリー素材

解説胸背とは歴史胸背図柄表文様

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式

双鶴胸背(サンハク-ヒュンベ)

胸背_双鶴

解説

胸背とは

朝鮮文官双鶴胸背_図説
図:朝鮮文官 双鶴胸背

胸背(ヒュンベ/흉배)とは、朝鮮時代の文武官が執務をとるとき常服(サンボク/상복)の胸と背に付けた、四角い徽章(きしょう)です。胸背は品階(階級)によって、刺繍される動物や文様が異なりました。

これに対して王族は、円形に龍が描かれた(ポ/보)を袞龍袍(コルリョンポ/곤룡포)の胸、背、両肩の四ヵ所に付けました。

歴史

胸背の発祥は言うまでなく中国で、マンダリンスクエア(Mandarin Square)とも呼ばれています。直訳すると中国官吏の四角、です。

朝鮮の胸背制度は、世宗(セジョン)二六年(1444)三月に明より冕服、常服を下賜されたことに始まります。

端宗(タンジョン)二年(1454)一二月に胸背制度が完成しました。しかし、文禄・慶長の役には文武官が戎服(ユンボク)を着るようになり、胸背制度は一旦廃止。粛宗一七(1691)には、武官が胸背に鳥の絵柄を用いたとし、旧制度に従うように求めました。

英祖(エンジョ)一〇年(1734)一二月には、品階制度の混乱により堂上官(タンサングァン/당상관)正三品以上と堂下官(タンハグァン/당하관)従三品以下などの混乱によって、胸背の区別が困難になりました。

高宗(コジョン)八年(1871)の制度では、文武官及び堂上下官により下記表のように決まりました。

胸背図柄表

年代 文武官 品階:動物
端宗二年(1454) 文官 一品:孔雀/二品:雲雁/三品:白鷴(しらきじ)
武官 一・二品:虎豹/三品は熊豹
文禄・慶長の役(1592'98 胸背制度中断。
英祖一〇年(1734) 文官飛禽、武臣獣と制定。武臣が鶴胸背を着用、これを禁ずる。
高宗八年(1871) 文官 堂上官:双鶴(サンハク/쌍학)/堂下官:単鶴(タンハク/단학)
武官 堂上官:双虎(サンホ/쌍호)/堂下官:単虎(タンホ/단호)

時代によって胸背の図柄が異なり注意が必要ですが、韓国時代劇の主な舞台である朝鮮時代中後期は、表に示した高宗八年(1871)の図柄(出典『五礼便攷(オレビョンゴ)』(儀章))をおさえておけば特に問題ないでしょう。

胸背の寸法は決まっていないようですが、ほぼ正方形だったり、横よりやや縦に長い四角だったりします。

文様

胸背の動物の周りには、長生紋(チャンセンムン/장생몬)が描かれています。長生紋は朝鮮特有の複合文様で不老草、岩、水、雲、太陽など長寿の象徴を集めてデザインです。国王龍補にはありませんが、王妃龍補と文武官胸背には長生紋が描かれています。

双鶴胸背はイラストの通り、鶴が不老草を加え、周囲には雲、山、サンゴ、波などが刺繍されています。

韓国時代劇を見ていて、胸背に描かている鶴は何羽だとか気にしたことはありませんでしたね。一方、服装からは身分が判別できないのは、大儒・荻生徂徠先生曰く何を隠そう日本の江戸時代です。(笑)

 

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃/胸背/服飾:国王王妃王女役人

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯亀甲船

/2019年11月2日 公開