戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

紗帽(サモ)とは 朝鮮官吏冠 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト解説

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

紗帽

紗帽_朝鮮官吏冠

解説

朝鮮文官(高級官僚)
朝鮮王朝官吏

紗帽(サモ/사모)は、高麗末から朝鮮時代の文武官が主に執務を取る際に着る常服(サンボク/상복)に被った冠帽(クァンモ/관모)です。

前低後高の二段式の帽部の後ろに、角(脚)が二つ付いています。

紗帽は中国発祥で、高麗末に使臣が明から持ち帰り、官服制度に用いたのに始まります。

朝鮮時代初期は帽部が低く軟角でしたが、明宗(ミョンジョン)の代前後から左右に突っ張った硬角になりました。その後、帽部が高く角が幅広になり、朝鮮時代末期には帽部が再び低く、角も短く屈曲型になりました。

黒紗帽と白紗帽があり、黒紗帽は庶民も婚礼時には新郎が被りました。白紗帽は国喪に被りました。

豊臣秀吉豊臣秀吉肖像は、紗帽と思われる冠を被っています。文禄の役が始まる一年前、朝鮮通信使・金誠一らが来日した際にもたらされたのかもしれません。

文武官の胸背(ヒュンベ/흉배)、角帯(カクテ/각대)、貫子品階(階級)ごとに身に着けるものが細かく定められています。然しながら、紗帽はそのような定めがなく(描く分には)有り難いです?

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王王妃王女役人

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽・網巾貫子角帯亀甲船