戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

貫子(クワンジャ)とは 朝鮮男性・耳の後ろの階級章

目次

フリーイラスト解説

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

貫子(クワンジャ)

貫子

解説

網巾(マンゴン)を巻く男性
図:網巾(マンゴン)を巻く男性

貫子(クワンジャ/관자)は、朝鮮男性のヘアバンド・網巾(マンゴン/망건)の左右に付いている小さな環です。直径は1.3~2.5cmほど。その素材により官吏階級を表しました。

『経国大典』(1484年完成)によれば、堂上官(タンサングァン/당상관)正三品以上は金・玉の貫子を付けます。堂下官(タンハグァン/당하관)従三品以下から一般庶民までは、骨や角などを使いました。

『五洲衍文長箋散稿』(17世紀後半)によれば下記のとおりです。

階級 貫子『五洲衍文長箋散稿』
一品 半玉環中
二品 金で朝顔、梅花、瓜花の文様
正三品 玉で朝顔の文様

貫子も胸背(ヒュンベ/흉배)同様、時代によって変化していることもあり、厳密にこの階級(品階)はこの貫子と言い当てることが難しそうです。然しながら、胸背や角帯と違って貫子は、品階が高いほど小型で簡素なものを用いました。面白いですね。♪

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王王妃王女役人

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾・貫子・角帯亀甲船

/2019年11月2日 公開