戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝官吏ベルト 角帯(カクテ)とは フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト解説概要歴史官服角帯品階表

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

角帯・品帯

鈒銀帯(サプクムデ/삽은대)

朝鮮官吏柄付き帯_角帯・品帯

解説

概要

朝鮮文官(高級官僚)
朝鮮王朝官吏

官吏たちが冠服着用時に締めた帯を角帯(カクテ/각대)と呼びます。平たくいうと朝鮮王朝のベルトで、階級により絞める帯が異なります。

王族が占める角帯は玉帯(オクテ/옥대)、官吏が締める角帯は品帯(プムデ/품대)と呼びます。

帯の長さは、胸囲より長く120cmほど、幅5cmほど。締め方は、官服(クァンボク/관복)の脇の下にある輪に通して胸元で締め、後ろは腰に垂れるようにします。実用性より装飾性に重きを置いています。

歴史

角帯は新羅(신라/シルラ)時代に既に制度化されていましたが、初めは布帯で、絹帯、革帯と発展して、玉帯など金属加工を施した帯を締めるようになりました。高麗時代には階級による区別が制度化されました。

朝鮮時代には、下の表のように装飾板(ティドン/띠돈)の素材により角帯が使い分けられました。

官服角帯品階表/出典『経国大典』(1484年完成)

角帯 品階 種類 詳細
玉帯 王族 - 国王の玉帯は龍紋透かし彫り。
品帯 一品 犀帯(ソデ) 中国産の犀(サイ)の角の飾りが付く。
正二品 鈒金帯(サプクムデ) 装飾板(ティドン)に花鳥文などを彫る。
従二品 素金帯(ソプクムデ) 文様なし。
正三品 鈒銀帯(サプウンデ) 文様あり。
従三品 素銀帯(ソプウンデ) 文様なし。
四品
五~九品 黒角帯(フクカクテ) 装飾板の色が黒。

胸背が時代ごと混乱が見られたので、角帯が実際に規則通り行っていたのかは甚だ疑問ですが、角帯も貫子も階級ごとに細かく区分されて面白いです。

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王王妃王女役人

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子・角帯/亀甲船