戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文禄・慶長の役

文禄・慶長の役

朝鮮王朝官制 文書・経学 弘文館、芸文館、春秋館、成均館

目次

部署・品階表組織・業務

Pick up参考文献関連記事

部署・品階表

弘文館 芸文館 春秋館 成均館
ホンムングァン イェムングァン チュンチュグァン ソンギュングァン
홍문관 예문관 춘추관 성균관
経籍管理 王命文書 王朝記録 教育機関
正一品 領事(ヨンサ,영사)1人 領事1人 領事(領議政兼任)1人
従一品 監事(カムサ,감사/左右議政兼任)2人
正二品 大提学(テジェハク,대제학)1人 大提学1人 知事(チサ,지사)2人 知事1人
従二品 提学(チェハク,제학) 提学1人 〃2人 〃2人
正三品(堂上官) 副提学(プジェハク,부제학)1人 修撰官(スチャングァン,수찬관) 大司成(テサソン,대사성)1人
正三品(堂下官) 直提学(チクチェハク/직제학)1人 直提学1人
従三品 典翰(チョナン,전한)1人 編集管(ピョンスグァン/편수관) 司成(サソン,사성)2人
正四品 応教(ウンギョ,응교)1人 応教1人 司芸(サイェ,사예)3人
従四品 副応教(プウンギョ,부응교)1人
正五品 校理(교리,キョリ)2人 記注官(キチュグァン,기주관) 直講(チクガン,직강)4人
従五品 副校理(プキョリ,부교리)2人
正六品 修撰(スチャン,수찬)2人 記事官(キサグァン,기사관) 典籍(チョンチョク,전적)13人
従六品 副修撰(プスチャン,부수찬)2人
正七品 博士(パクサ,박사)1人 奉教(ポンギョ/봉교)2人 博士3人
従七品
正八品 著作(チョジャク,저작)1人 待教(テギョ/대교)2人 学正(ハクチョン,학정)3人
従八品
正九品 正字(チョンジャ,정자)3人 検閲(コミョル/검열)4人 学録(ハクロク,학록)3人
従九品 学諭(ハクユ,학유)3人

組織・業務

弘文・芸文・春秋・成均の四館全て、札曹(外務)管轄下。

  1. 弘文館(ホンムングァン,홍문관):宮中の経書・文書の掌握、国王の顧問を司る。司憲府・司諫院と併せ三司と呼ぶ。
  2. 芸文館(イェムングァン,예문관):王の言を選んで文書にまとめる。
  3. 春秋館(チュンチュグァン,춘추관):朝政の議事録作成や歴史編纂。専属官員で全て議事を取るのが難しいこともあり、議政(内閣)や弘文館、芸文館などの官員などが兼任している場合も多い。そのためか修撰官以下の官員数は特に定められていないようである。
  4. 成均館(ソンギュングァン,성균관):儒学・教育を司る。最高学府で今の大学あたる。入学資格は科挙合格者、定められた試験に合格した者など。科挙に一発合格するケースは稀なので、儒生(学生)の大半は結構な大人となる。儒生定員は時代によって変化し、二〇〇~一〇〇人程度。

>>正一品~従九品 等級詳細

Pick up

春秋館が編纂した『朝鮮王朝実録』は、国政について国王と臣下たちの間で交わされた議事録をまとめたもの。全て漢文で書かれており、その質と量の充実さにはカルチャーショックを受けます。

文禄・慶長の役で失われた実録も多いですが、反面、実録は本役を知るうえでの基礎史料。難読ですが、議論が生々しく残るゆえに、知的好奇心をくすぐる議事録です。

成均館は「トキメキ☆成均館スキャンダル」が話題になったこともあり、知名度のある行政府の一つかと思います。

  

参考文献

  1. 北島万次『豊臣秀吉の朝鮮侵略 (日本歴史叢書) 』(吉川弘文館、1995年)
  2. 北島万次『豊臣秀吉 朝鮮侵略関係史料集成』第1巻(平凡社、2017年)

関連記事

官制概要 議政府宮内庁・裁判所等/人文系/語学・講義

王族・護衛ソウル行政等武官、地方行政堂上官と堂下官

朝鮮王朝の党争