戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 国王装束 イラストフリー素材付き解説

目次

フリー素材

解説袞龍袍ボタンオッコルム玉帯

翼善冠貫子参考文献利用規約関連記事

フリー素材 PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 国王

朝鮮王朝 王様

解説

朝鮮王朝の国王の服装は、シンプルなようでいて、日本にはない装身具を身に着けているので、いざイラストに起こそうとしたところ、様々なルールがあって大苦戦しました。汗

袞龍袍(コルリョンポ)

朝鮮王朝 装束図解
図:朝鮮王朝国王の装束

李氏朝鮮時代の国王(ワン/왕)は、臣下と国政を論じ執務をとるとき常服(サンボク/상복)として、紺色の裏を打った深紅の袞龍袍(コルリョンポ/곤룡포)を着用します。

補(ポ)

補(ポ/보)と言って、紺色の裏を打った深紅の袞龍袍の胸・背・両肩の四か所に金の糸で刺繍した四爪龍補(サジョリョンポ)を付けました。

襟(キッ)

襟(キッ/깃)は、曲領(コンニョン)といって丸みを帯びた形です。

ボタン(タンチュ)

右肩でボタン(タンチュ)をはめて固定。

オッコルム

左胸のあたりに付いている大きなリボンは、オッコルム(옷고름)と言います。オッコルムは前身頃を合わせ止めるために、両衽の胸のあたりに付ける二本の紐で、一七世紀粛宗の代あたりには、官服にも用いられました。普通、服と同色の布を用いります。

玉帯(オクテ)

玉で飾った帯の玉帯(オクテ/옥대)は、龍紋が透かし彫りされています。脇の下にある輪を通して胸元で締め、後ろは腰に垂れるように締めます。

黒の鹿皮靴を履きます。

翼善冠(イクソングァン)

国王が袞龍袍を着用する際には、翼善冠(イクソングァン/익선관)を被ります。帽子の前後二段の段差をつけ後ろを高くし、後頭部には蝉の羽形の飾りが上向きに付いています。帽頂の中央には青糸弁(チョンサビョン)が後ろ面まで伸びています。ウサギを模したわけではありません。(笑)

貫子(クワンジャ)

マゲを結った髪がずり落ちないように額に巻いた網巾(マンゴン/망건)に、タンジュル(結び紐)を通すために付ける小さな穴を貫子(クワンジャ/관자)と言います。その素材により官吏の階級を表し、一~正三品の常上官は金・玉の貫子を付けます。

以上、朝鮮の王様のファッションをチェックしましたが、んじゃこりゃー!いい意味で。(笑) 韓流ドラマや歴史好きの方は、皇帝はもとより天子様のファッションと比較しても面白いと思います。

 

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

宣祖光海君

/2019年8月11日 公開