戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 王様服装 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト

解説袞龍袍ボタンオッコルム玉帯

翼善冠貫子由来日本にもあった?

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 国王

朝鮮王朝 王様、国王イラスト

解説

袞龍袍(コルリョンポ)

朝鮮王朝国王 服飾図解
図:朝鮮王朝国王の服飾

李氏朝鮮時代の国王(ワン/왕)は、臣下と国政を論じ執務をとるとき常服(サンボク/상복)として、紺色の裏を打った深紅の袞龍袍(コルリョンポ/곤룡포)を着用します。

補(ポ)

補(ポ/보)と言って、紺色の裏を打った深紅の袞龍袍の胸・背・両肩の四か所に金の糸で刺繍した四爪龍補(サジョリョンポ)を付けました。

襟(キッ)

襟(キッ/깃)は、曲領(コンニョン)といって丸みを帯びた形です。

ボタン(タンチュ)

右肩でボタン(단추/タンチュ)をはめて固定。

オッコルム

左胸のあたりに付いている大きなリボンは、オッコルム(옷고름)と言います。直訳すると服(オッ/옷)の紐(コルム/고름)です。

オッコルムは前身頃を合わせ止めるために、両衽の胸のあたりに付ける二本の紐で、一七世紀粛宗の代あたりには、官服にも用いられました。普通、服と同色の布を用いります。

玉帯(オクテ)

玉で飾った帯の玉帯(オクテ/옥대)は、角帯(カクテ/각대)の一つ。玉帯は龍紋が透かし彫りされています。脇の下にある輪を通して胸元で締め、後ろは腰に垂れるように締めます。

木靴(モクァ/목화)と呼ばれる黒の鹿皮靴を履きます。

翼善冠(イクソングァン)

国王が袞龍袍を着用する際には、翼善冠(イクソングァン/익선관)を被ります。

貫子(クワンジャ)

朝鮮のヘアバンドこと網巾(マンゴン/망건)に付いている小さな環を貫子(クワンジャ/관자)と言います。その素材により官吏階級を表します。

由来

朝鮮国王の服装は、隣国日本から見ると随分ヘンテコな印象を受けるかもしれません。

中国古典『礼記』玉藻に「天子は大祭に玉藻(ぎょくそう/玉飾りの付いた王冠)と袞竜(こんりょう)の服を着る」。『論語』郷党に「君子は(朝服の色である)紅と紫で普段着を作らない。(中略)喪に服する時のほかは、いかなる場合にも玉を帯に佩(お)びる」とあります。

朝鮮王朝は、に倣い中国をお手本としていることがわかります。すなわち朝鮮国王の服装の由来を辿れば中国に行き着きますが、日本にはなかったのでしょうか。

日本にもあった?

文禄・慶長の役の最中、和議のため、慶長元年(1596)に冊封使沈惟敬らが来日。大坂城で豊臣秀吉豊臣秀吉万暦帝が贈った常服を着て、冊封使歓迎の宴を開きました。

その常服(妙法院門跡・京都国立博物館[文献5])は朝鮮国王のイラストのような常服とは異なる点もありますが、朱色地で胸には四角く金色の刺繍が付いています。

一方、琉球国王は朝鮮同様に中国から冊封を受けている関係上、同一一年(1606)、万暦帝から同様の常服等が支給されました『歴代宝案』。

また冊封儀礼として、琉球国王が中国から賜った石帯というベルトは朝鮮のものとほぼ同型です。

 

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  3. 竹内照夫訳「礼記」『中国古典文学大系 (3)』(平凡社、1970年)
  4. 平岡武夫著、宇野精一・平岡武夫編集『全釈漢文大系〈1〉論語 (1980年)』(集英社、1980年)
  5. 安里進、田名真之、豊見山和行、西里喜行、高良倉吉『沖縄県の歴史 (県史)』(山川出版社、2010年)口絵参照
  6. 高良倉吉、田名真之 [編]『図説 琉球王国 (ふくろうの本)』(河出書房新社、1993)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背

服飾:国王/王室妃 円衫唐衣/役人 官服戒服具軍服

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:翼善冠紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符

器物:亀甲船

宮中女官

内命婦側室階級所属部署女官階級大奥との違い

/2019年8月11日 公開