戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 役人官服 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト

解説官服常服団領胸背)・紗帽貫子

角帯木靴補註参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 文官/堂上官・正三品以上

朝鮮文官(高級官僚)イラスト

解説

官服

朝鮮王朝官吏服飾_図解
図:朝鮮王朝 官吏服飾

朝鮮王朝の文武官の正装は、官服(クァンボク/관복)と言います。

官服は、最も華やかな祝賀の朝服(チョボク/조복)、祭祀の祭服(チェボク/제복)、謝恩の公服(コンボク/공복)、執務用の常服(サンボク/상복)があります。[補註]

官服は、一般に文武官が執務をとるとき常服の紗帽冠(サモグァンデ/사모관대)を指します。

常服

団領

団領(タルリョン/단령)は、朝鮮時代に文武官が常服として着用。襟(キッ/깃)が真っすぐな直領(チンニョン/직령)に対してこう呼ばれています。

胸背

団領の胸と背に胸背(ヒュンベ/흉배)が付きます。

朝鮮初期は、堂上官(タンサングァン/당상관)正三品以上は絹で深紅、堂下官(タンハグァン/당하관)従三品以下は木綿の深紅の団領を着用しました。『経国大典』(1484年完成)は、下記表の通ですが余り守られませんでした。

階級 常服『経国大典』より
堂上官(正三品以上) 紅袍
従三品~六品 青袍
七品~九品および地方官吏 緑袍

袍(ポ/포)とは、ズボンのパジ(바지)・上着のチョゴリ(저고리)の上に着る外衣の意味です。団領の色は時代によって変化が著しくてよくわからない、というのが正直なところでしょう。

常服の柄は特に決められていないと思いますが、イラストは薄っすらと雲紋(ウンモン/운문)を施しました。また袖と裾は長く、左胸のあたりに付いている大きなリボンは、オッコルム(옷고름)と言います。

紗帽

常服には、紗帽(サモ/사모)という冠を被ります。

貫子

貫子(クワンジャ/관자)は、網巾(マンゴン/망건)という朝鮮男性のヘアバンドの左右に付いている小さな環です。

角帯

常服に絞めるベルトは角帯(カクテ/각대)と言います。特に官吏の角帯を品帯(プムデ/품대)と呼び、階級ごとに締める品帯が決められています。

木靴

官服には、木靴(モクァ/목화)と呼ばれる革製の長靴を履きます。

とまあ、朝鮮のお役人さんを描く時はまず品階を定め、それに対応する常服、胸背、貫子、角帯の色や文様をよくよく吟味しなければなりません。そこが面白い点でもありますが、時折発狂しそうになります。(笑)

 

補註

朝服は祭服とほぼ同じで朝服は赤、祭服は青を用いました。公服は常服とほぼ同じで、冠が公服は幞頭(ボクトウ/복두)、常服は紗帽(サモ/사모)を用いました。

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  3. 竹内照夫訳「礼記」『中国古典文学大系 (3)』(平凡社、1970年)
  4. 平岡武夫著、宇野精一・平岡武夫編集『全釈漢文大系〈1〉論語 (1980年)』(集英社、1980年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王王妃王女・役人

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯亀甲船

/2019年11月2日 公開