戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮国王側室 階級と業務 内命婦その2

目次

内官品階内官とは参考文献利用規約関連記事

内官品階

王妃世子嬪皇太子妃)

品階:内命婦 内官名/業務

  • 正一品:嬪(ピン,빈)/王妃を助けるを論ずる。
  • 従一品:貴人(クィイン,귀인)/正一品の嬪と共に王妃を助け、婦人の礼を論じる。
  • 正二品:昭儀(ソウィ,소의)/王妃の礼を手助けし議論する。
  • 従二品:淑儀(スギ,숙의)/同上。
  • 正三品:昭容(ソヨン,소용)/祭祀を執り行うこと及び客人の接待を担当。
  • 従三品:淑容(スグョン,숙용)/同上。
  • 正四品:昭媛(ソウォン,소원)/王が平時起居している宮殿を管掌し、毎年、平絹と芋麻を織り捧げる。
  • 従四品:淑媛(スグォン,숙원)/同上。

内官とは

朝鮮王朝女官・内命婦(ネミョンブ)において、嬪(正一品)以下淑媛(従四品)までを内官(ネグァン,내관)と言います。内官の人員は嬪以下品階ごと一人なので、合計すると八人になります。

内官は事実上側室で、王妃や国王に仕えます。国王の寵愛を受けるとともに品階が上がりました。正五品の尚宮(サングン)から従九品までは宮官(クングァン)と言います。また、頭の飾りのチョプチによっても位に差を付けました。

一方、王世子など王の息子や親戚筋の男性などは、宗親府(ジョンチンブ)や敦寧府(トンニョンブ)などの行政機関に属します。彼らもまた等級や役目などが与えらえています。

さて、江戸城大奥に住まう将軍の側室たちは特に役割が定められていません。大奥最高位の上臈(じょうろう)が正室(御台所/みだいどころ)の側近として、ここでいうところの内官の役割を果たしていました。

妃嬪とは

妃嬪(ピビン,비빈)とは、その名の通り、王妃、世子嬪(皇太子妃)および正一品の品階をもつ側室を言います。

参考文献

  1. 金英淑(編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら/当頁の無断転載禁止。

関連記事

用語解説:内命婦・側室階級・所属部署女官階級大奥

龍補:国王王妃胸背/王室妃 大礼服平服

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョ