戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮国王側室 階級と業務 内命婦その2

目次

側室品階内官とは参考文献利用規約関連記事

側室品階

品階 内命婦 内官 業務
- 王妃世子嬪皇太子妃) -
正一品 嬪(ピン/빈) 王妃を助けるを論ずる。
従一品 貴人(クィイン/귀인) 正一品の嬪と共に王妃を助け、婦人の礼を論じる。
正二品 昭儀(ソウィ/소의) 王妃の礼を手助けし議論する。
従二品 淑儀(スギ/숙의)
正三品 昭容(ソヨン/소용) 祭祀を執り行うこと及び客人の接待を担当。
従三品 淑容(スグョン/숙용)
正四品 昭媛(ソウォン/소원) 王が平時起居している宮殿を管掌し、毎年、平絹と芋麻を織り捧げる。
従四品 淑媛(スグォン/숙원)

内官とは

朝鮮王朝女官・内命婦(ネミョンブ/내명부)において、嬪(正一品)以下淑媛(従四品)までを内官(ネグァン/내관)と言います。

内官は事実上側室で、王妃や国王に仕えます。国王の寵愛を受けるとともに品階が上がりました。正五品の尚宮(サングン/상궁)から従九品までは宮官(クングァン/궁관)と言います。また、頭の飾りのチョプチによっても、位に差を付けました。

江戸城大奥に住まう将軍の側室たちは、特に役割が定められていません。大奥最高位の上臈(じょうろう)が正室(御台所/みだいどころ)の側近として、ここでいうところの内官の役割を果たしていました。

妃嬪とは

妃嬪(ピビン/비빈)は、王妃、世子嬪(皇太子妃)および正一品の品階をもつ側室を言います。

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら/当頁の無断転載禁止。

関連記事

龍補:国王王妃胸背

服飾:国王/王室妃 大礼服平服/役人 官服戒服具軍服鎧 甲冑

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符

器物:亀甲船

用語解説

内命婦:側室階級・所属部署女官階級大奥との違い

/2020年5月14日 公開