戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

お江(小督)/おごう 最後の彼はかわいい年下の将軍

目次

プロフィール詳細相関図関連記事DVD

プロフィール

お江(小督)
Ogo

近江国(滋賀県)出身。徳川三代将軍・家光の生母。崇源院(すうげんいん)。

浅井長政とお市の方(織田信長の妹)の三女で、淀殿お初を姉に持つ。

結婚を三回も経験。一回目は佐治一成、二回目は豊臣秀勝、三回目は二代将軍・徳川秀忠

ライバルは家光の乳母・春日局。

享年54(1573-1626)。秀忠より6つ年上。

宇喜多秀家長宗我部盛親と同世代。

詳細

1.両親を失う

元亀元年(1570)姉川の戦いによって、実父浅井長政浅井長政織田信長織田信長に破れ、天正元年(1573)居城の小谷城も攻められて討ち死。その時、実母お市の方お市の方はまだ赤ちゃんの崇源院お江らを連れて小谷城を脱出。

夫の敵でありながら兄・信長に助けられたお市の方は、信長の弟・信包(のぶなかね)の城で、淀殿茶々(長女)常高院お初(二女)お江(三女)のちに浅井三姉妹と呼ばれる娘たちを育てました。

然しながら、同一〇年(1582)六月明智光秀明智光秀の謀反により、本能寺で信長討ち死。同月、光秀は山崎の戦いで豊臣秀吉羽柴秀吉に破れ、お市の方は信長三男・信孝の勧めで、柴田勝家柴田勝家と再婚。

翌年四月、賤ヶ岳において勝家が秀吉に破れ、お市の方は勝家と共に自刃しました。

2.再再婚

豊臣秀勝系図
図1:豊臣秀勝 系図

両親を失った茶々・お初・お江一一歳の三姉妹は、秀吉に保護され、大坂城で暮らしました。

それも束の間。お江は、織田家の親戚筋である佐治一成(さじ-かずなり)に一二歳で嫁ぐことに。しかし天正一二年(1584)、秀吉が小牧・長久手で徳川家康徳川家康織田信雄織田信雄連合軍と争うと、一成は家康の味方をし、一成は秀吉に怒りを買います。一成とお江は秀吉によって引き離され、お江は一年で大坂城に出戻って来ました。

お初が京極高次京極高次と結婚し、茶々が秀吉の側室なり、お江は秀吉の甥・秀勝と再婚。しかし秀勝は文禄の役で死去。お江は、秀勝との間にできた娘の完子(さだこ)を連れて大坂城に、再び一年で大坂城へ出戻って来ました。

文禄四年(1595)お江二三歳は、家康三男の徳川秀忠徳川秀忠一七歳と結婚。これによりお江は秀勝との間にできた娘の定子と引き離されてました。秀吉が子連れでの再婚は体裁が取れないと、徳川家に気を遣ったようです。しかし大坂城に残された完子は、淀殿によって大事に育てられました。

3.春日局VSお江

修学院離宮9 修学院離宮8
京都 修学院離宮は娘・和子の夫・後水尾天皇の別荘として造営。2004年撮影

お江と秀忠との間には、のちの三代将軍・徳川家光家光が生まれました。家光誕生の間は、喜多院(埼玉県川越市)に移築され現存しています。家光は乳母の春日局お福(春日局)に育てられ、しかも家光はお江よりもお福によくなつきました。

お江は次男・忠長(ただなが)をかわいがり、三代将軍は長男・家光か次男・忠長か――よくドラマで見るお福VSお江の熱いバトルがここに繰り広げられました。

お江の子は、家光・忠長のほか、豊臣秀頼豊臣秀頼に嫁いだ千姫、後水尾天皇に嫁いだ和子ら二男五女。歴史に名を残す子たちを誕生させたのでした。享年五四

お江 相関図

家族・親戚

義父:徳川家康徳川家康、旦那:徳川秀忠秀忠

子:徳川家光家光・忠長ほか。家光乳母:春日局春日局

実父:浅井長政浅井長政、実母:お市の方お市の方、養父:柴田勝家柴田勝家

姉:淀殿淀殿(茶々)、妹:常高院お初

伯父:織田信長織田信長、いとこ:織田信忠信忠織田信雄信雄信孝

お江DVD

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国」は、2011年の大河ドラマ。余り期待せず見始めたところ、面白く最終回まで私はリアルタイムで全話視聴してしまいました。ドラマではたくさんの武将が出てきますが、特に柴田勝家と豊臣秀次豊臣秀次が魅力的で心に残りました。チェックしてみてね。

関連記事

お江:肖像素材イラスト