戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

江戸城大奥と朝鮮王朝女官の違い 内命婦その5

目次

大奥と内命婦 比較大奥とは参考文献利用規約関連記事

大奥と内命婦 比較

事項:大奥/内命婦(ネミョンブ)

  • 意味:江戸城本丸の場所(正室、側室、女中の住居)/朝鮮王朝女官の総称
  • 概略:花嫁修業ができる大江戸カルチャーセンター/王朝文化を支える職能集団
  • 人員(後期):二〇〇人ほど/大奥に同じ
  • 役割:将軍付または御台所付/宮中公務
  • 男女関係:男子禁制/業務について役人と調整
  • 側室の役割:特になし/内官として品階ごと定め有り
  • 髪型:大垂髪(おすべらかし,背丈以上の長いポニテ)/チョプチを付けて身分を表す
  • 最高位:上臈(じょうろう)/正一品・嬪(ピン,빈)
  • 実権:御年寄(おとしより)/尚宮(サングン,상궁)
  • 職場:大奥/至密(チミル)など七部署
  • 職階:二四階級 上臈御年寄~御半下(おはんした)/正一品~従九品 内官・宮官
  • 暇(いとま):下級者は可/きほんなし

大奥とは

朝鮮王朝の女官・内命婦(ネミョンブ,내명부)と日本の大奥(おおおく)とは似ているようで、根本的に違います。内命婦理解のために、当頁では大奥について見ていきましょう。

場所を指す

大奥とは、江戸城内で将軍の正室・御台所(みだいどころ)や側室、女中たちが住んでいた所を言いました。すなわち内命婦が女官の総称であるのに対し、大奥は場所ないし空間を指します。

江戸城本丸は政治執行の場の表、将軍居室の中奥、大奥は中奥と廊下を隔てて、将軍以外の男子禁制の場とされていました。

職制

大奥で働く女中は奥女中(おくじょちゅう)と言い、将軍付と御台所付があり、役職名と人員はほぼ同じ。奥女中の最高位である上臈(じょうろう)は、御台所の側近で京都の公家出身が多いです。

大奥の実権を握っていたのが御年寄(おとしより)で、奥向きの全てを取り仕切りました。中年寄は御年寄の代理者。御客会釈(おきゃくあしらい)は、御年寄から選ばれた将軍と御家門の接待役。中臈(ちゅうろう)は、将軍や御台所の身の回りの世話し、この中から将軍の寵愛を受けると側室となりました。

人員

大奥の人員は時代に変遷がありますが、安政元年(1854)一三代家定時代の奥女中は総数一八五名ありました。

暇(いとま)

奥女中は一生奉公人でしたが、下級者は暇を取ることもできました。また花嫁修業として奉公する町人・百姓の娘もいました。これに対して、内命婦の女官は特別な事情がない限り、一度入宮したらきほん、出て来られません。

…とまあ上の表に示した通り、一言に将軍家ないし王族を取り巻く女性たちといっても、大奥と内命婦では役割が違うので、働き方や意識なども当然変わっていきます。共通項としては、どちらも職階が非常に細かい(笑) 。ゆえに人間関係が複雑でチョー怖そうですが、どちらも様々なドラマが生まれたに違いありません。

参考文献

  1. 笹間良彦『復元 江戸生活図鑑 』(柏書房 、1995年)
  2. 金英淑(編著) 中村克哉(訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  3. 『日本歴史大辞典』(小学館、2007)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら/当頁の無断転載禁止。

関連記事

用語解説:内命婦側室階級所属部署女官階級・大奥

龍補:国王王妃/王室妃 大礼服平服

女性 装身具:トルジャムチョプチピニョノリゲ