戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国お姫様解説

お初(常高院)/おはつ(じょうこういん)

プロフィール

初
Ohatsu

近江国(滋賀県)出身。浅井三姉妹の次女。

旦那は近江(滋賀県)大津城主・京極高次で、二人の間に子供はいない。姉の淀殿豊臣秀吉の側室になり、妹のお江徳川秀忠の正室となった為、間に入ってとりなす。

大坂の陣では西軍代表として徳川軍との交渉を担当。大坂城落城の際、城内で自害しようとする姉・淀殿を説得するが――

享年64?(1570?-1633)。同世代は、佐竹義宣宇喜多秀家

詳細

1.京極高次って誰

浅井三姉妹として、姉に淀殿(茶々)素材茶々、妹にお江(小督、江与)素材お江を持つ、お初お初(常高院)素材

三姉妹の中で一番地味な感じですが、豊臣家と徳川家の交渉人として政(まつりごと)にガンガン参画する戦国のキャリアウーマン的な一面があるお姫様です。

実父・浅井長政浅井長政は、姉川の戦いで織田信長織田信長に敗れて自害。その信長も本能寺の変で明智光秀に敗れると、実母お市の方お市の方は三姉妹を連れて、信長の家臣・柴田勝家柴田勝家に嫁ぎました。

しかし勝家は賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉との戦いで敗れ、お市の方と共に自害。三姉妹は秀吉に保護されて大坂城で暮らしていました。そののち秀吉の勧めで、お初は名門だけど石高的にパッとしない近江(滋賀県)大津城主の京極高次京極高次と結婚。高次とお初の間には生涯子供ができませんでした。

秀吉が死去し、迎える関ヶ原の戦い。東軍・徳川家康徳川家康方に属した高次は、大津城で西軍の毛利元康(毛利元就毛利元就の八男)の軍を迎え撃ちます。しかし毛利軍の大砲は天守閣に命中し、高次はやむなく開城。

それは奇しくも現地関ヶ原の戦い当日の朝でした。毛利軍に降参した高次でしたが、毛利軍を足止めにした功績で高次は若狭国(福井県)を家康に与えられました。高次は関ヶ原の戦いの九年後(1609)に死去。お初は常高院と号しまし、京極家は高次の側室の子・忠高が継ぎました。

2.交渉人としての活躍

関ヶ原で勝利した家康は大坂城を潰しにかかります。大坂冬の陣にて、真田幸村真田幸村の奮闘もあって容易に落ちない難攻不落の大坂城だったので、家康は交渉に踏み切りました。忠高は徳川軍にありましたが、お初は豊臣方の代表として、徳川方の代表である家康の側室・阿茶の局(あちゃのつぼね)と交渉を進め、和睦を成立させました。

しかし再び徳川と豊臣とが争うこととなり、夏の陣で豊臣方は敗れました。お初は、大坂城内で自害しようとする姉・淀殿を説得しました。しかし淀殿は息子豊臣秀頼と共に自害、大坂城は落城しました。

大坂の陣の後、若狭国小浜に常高寺を建立。晩年は、京極家の江戸屋敷で暮らし、浅井三姉妹の次女として波乱万丈なその生涯を閉じました。享年64

お初(常高院)相関図

家族・親族

旦那:京極高次京極高次

実父:浅井長政浅井長政/実母:お市の方お市の方/姉:淀殿(茶々)素材淀殿(茶々)/妹:お江(小督、江与)素材お江

養父:柴田勝家柴田勝家/伯父さん:織田信長織田信長/いとこ:織田信忠織田信忠織田信雄織田信雄織田信孝

ライバル

お江の義父:徳川家康徳川家康

  

関連トピック

お初(常高院)

肖像素材イラスト