戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

足利義昭(あしかが-よしあき)

プロフィール

足利義昭
Yshiaki Ashikaga

一五代室町将軍にして室町幕府ラストエンペラー。

一三代将軍の兄・義輝が松永久秀たちに殺され、将軍になる前は流浪の日々を送っていたが、織田信長というスポンサーを見つけて将軍となる。

信長とは利害が一致、持ちつ持たれつのいい関係だったが次第に険悪に。

全国の大名に呼びかけて反信長包囲網を作り上げ、信長を追い詰める。

享年61(1537-1597)。信長より3歳年下。

同い年は豊臣秀吉景轍玄蘇権慄。秀吉とは死んだ年も同じ。

詳細

1.流浪の日々

一二代将軍・義晴の二男として京で生まれた足利義昭義昭。しかし一三代将軍の兄である義輝が、松永久秀たちに殺されると義昭は幽閉されてしまいました。なんとか脱出するものの、臣下の細川藤孝(幽斎)細川藤孝ともに近江(滋賀県)、若狭(福井県西部)、越前(福井県遠武)の朝倉義景朝倉義景の一乗谷に身を寄せるという流浪の日々を送っていました。

将軍になりたい義昭は、全国の大名に自分を京に復帰させるよう書状を送りました。岐阜の織田信長織田信長にも手紙を送りました。信長は中央の実権を握るため将軍の権力を必要としていたので、承諾の返書を義昭に送りました。そしてついに、信長の武力と財力を持って義昭は十五代将軍になることができました。

2.一七カ条の異見書

互いの利害が一致し、良好だった義昭と信長の二人の関係。しかし次第に悪化していきました。信長はまだ将軍の権力が必要だったので、義昭との関係回復につとめました。しかし義昭にその気はなく、おまけに将軍職にあぐらをかいていました。

そんな義昭を見かねて信長は、将軍として朝廷(正親町天皇正親町天皇)のお世話をすることを忘れている、諸国の大名に馬など物をねだってみっともない、など一七カ条の異見書を義昭に叩きつけました。

3.全国の大名にSOS!

そんな異見書を叩きつけられ、怒りも頂点に達した義昭は、とうとう将軍の権力を持って信長を倒すことに決めました。これがかなり精力的で、本願寺顕如浅井長政浅井長政・朝倉義景を見方につけて、またたくまに反信長包囲網を作り上げてしまいました。

また比叡山焼き討ちなど信長の振る舞いは、甲斐国(山梨県)の武田信玄武田信玄の怒りもかっていました。そこで義昭は信玄に上洛を促しました。しかし頼みの信玄が西上途中で死去。これにより一旦は信長と和睦した義昭。しかし打倒信長と再び挙兵。

我慢も限界に達した信長はついに義昭を京から追放。この瞬間、足利尊氏から始まり二三八年間の歴史を刻んだ室町幕府は義昭の代で事実上終わりを告げました。

4.これで終わりじゃないよ

しかし京から追放されたくらいで諦める義昭ではありません。今度は、毛利輝元毛利輝元上杉謙信上杉謙信を頼りました。そしてまた挫折。豊臣秀吉豊臣秀吉が天下を取ってからやっと京に戻ることが許され、一万石与えられました。このしぶとさ、ずぶとさ、粘り強さはすごい。見習いたい?ですね。

足利義昭 相関図

スポンサーにして宿敵

織田信長織田信長 

元臣下

細川藤孝(幽斎)細川藤孝

頼りにしてた人

朝倉義景朝倉義景/浅井長政浅井長政本願寺顕如武田信玄武田信玄上杉謙信上杉謙信毛利輝元毛利輝元…など

将軍邸建設奉行

村井貞勝村井貞勝  

「よしあき」繋がり

最上義光(よしあき)

  

関連トピック

足利義昭

肖像素材イラスト

参考文献

谷口克広『信長の政略: 信長は中世をどこまで破壊したか 』(学研パブリッシング、2013年)