戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

最上義光(もがみ-よしあき)

プロフィール

最上義光
Yoshiaki Mogami

出羽国山形の戦国大名。伊達政宗の伯父さん。

関ヶ原の戦いでは東北で直江兼続と対決。

暗殺と謀略の大変血なまぐさい生涯を送るが、意外にも治水灌漑など民政家としての手腕も発揮した。

享年69(生1546-没1614)。同い年の武将は、黒田官兵衛武田勝頼徳川家康より3つ年下。

詳細

1.政宗の伯父さん、実弟を討滅す

文禄年間 東日本諸大名配置図
図1:文禄年間 東日本諸大名配置図

出羽国山形の武将である最上義光は、伊達政宗伊達政宗 のお母さんのお兄さんにあたります。つまり政宗の伯父さん。この伯父さんは目的の為なら手段を選ばない人でした。

家柄はいいけど領土は小さい最上義守(よしもり)の長男として生まれた義光。しかし義守は次男・義時(よしとき)をかわいがり、義時に家督を譲ろうとしました。

ここに相続争いが勃発し、領内の一族や国人衆、政宗のお父さん(輝宗)までもが義光の敵となりました。しかし義光はこの四方八方敵だらけの中を戦い抜き、弟の義時を討滅しました。

2.一族はもう信じられない!

この戦いで義光は、最も頼りになるのは家臣団であると痛感、一族は信用できないと、一族を暗殺や謀略することに火が付いてしまいました。

かくして義光は、長男のお嫁さんのお父さんである白鳥長久が最上家にとって邪魔な存在になってきた時は、自分が病気だと偽って見舞いにわざわざ来てくれた長久を殺害してしまうのでした。

3.政宗との戦い

義光は政宗とも激しく争い、伊達の家臣の鮎貝氏はそそのかして反逆させました。それ以来、政宗はこの伯父さんに終生不信感を抱くことになります。

義光は更に、大崎・最上・芦名・佐竹から成る反政宗包囲網を作り上げましたが、大崎氏が政宗に事実上屈服、臣従することになり、義光は逆に孤立するようになってしまいました。もはやこれまでかという時に、豊臣秀吉豊臣秀吉の私戦禁止令が出て、危機を切り抜けました。

しかし豊臣政権下では、豊臣秀次豊臣秀次の妾となった自分の娘が不運にも処刑されるという出来事が義光を襲いました。

4.直江兼続との戦い

秀吉が没し、関ヶ原の戦いになった時、義光は徳川家康徳川家康の東軍につき、上杉景勝上杉景勝の配下である直江兼続直江兼続の猛攻撃に苦戦していました。しかし西軍の石田三成石田三成の敗北により、なんとか助かりました。

5.長男を殺害す

関ヶ原の戦い後、恩賞として大きな領土を賜り、大大名となった義光。しかし義光の跡目は家康の意により次男・家親にするようにと言われれば義光は長男・義康を殺害してしまいました。

こうして最上家は安泰。ではありませんでした。義光亡き後は、義光の長男・義康側についていた家臣の恨みつらみがあり、最上家を継いだ次男・家親は変死。源氏の血を引く、由緒正しき最上家はお家取り潰しとなりました。

6.こんな伯父さんのいい所

…とまあこんな感じの義光ですが、城下町の町割など民政や治水灌漑に力を尽くました。北楯大堰(きただておおぜき)などは今も庄内平野をうるおしています。ただの家柄いい武将というだけでは終わらなかった政宗の伯父さんでした。

最上義光相関図

ライバル

甥っ子:伊達政宗伊達政宗/関ヶ原の戦い:直江兼続直江兼続上杉景勝上杉景勝

「よしあき」繋がり

足利義昭足利義昭加藤嘉明加藤嘉明

  

関連トピック

最上義光:イラスト

参考文献

国史大辞典編集委員会 編集 『国史大辞典〈13〉 』(吉川弘文館 1992年 )

新人物往来社 (編集) 『天下取り採点 戦国武将205人 』(新人物往来社、1998年)