戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

黒田官兵衛と長政の家紋・藤巴とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式-背景透過

藤巴紋 藤巴青 藤巴ピンク 藤巴黄色 藤巴カラフル01 藤巴赤 藤巴カラフル02 藤巴水色 藤巴灰色 藤巴緑

解説

官兵衛が藤巴にしたエピソード

黒田官兵衛黒田官兵衛がこの藤巴を黒田家の家紋にしたエピソードは以下の通りです。

荒木村重が織田信長に謀反を起こし、その説得にあたった官兵衛。しかし官兵衛は説得する所か村重の城に閉じ込められました。

窓の外から見える、日ごとに大きくたくましく育ってゆく藤蔓(ふじづる)。そんな藤蔓に励まされ、つらい獄中生活に耐えていた官兵衛は、村重の城から出た後、黒田家の家紋を藤巴に選んだのでした。

蛇に見えるのは何故か

上記エピソードは面白いのですが、私は民俗学者である吉野裕子の『蛇 (講談社学術文庫) 』(講談社 、1999年)を読んでハッとしました。藤巴は藤以上に蛇が絡み合っている姿に見える―と。

古代日本人が蛇に見立てた植物は、蔓植物ないしその形状の植物であり、藤もその一つだと吉野裕子は言います。現代の日本人は蛇はあくまで恐怖対象であって、信仰の対象にする人などいませんが、日本は縄文時代から蛇信仰があり、蛇に相似のものを蛇に見立てて、それを信仰し神聖化していました。

その傾向は戦国武将にも受け継がれ、蛇を象った家紋は藤巴の他に蛇の目三つ巴などがあります。

さて巴とは、どぐろをまく蛇を象った文字で、蛇・渦巻きの意味です。よって藤巴は、藤×巴の組み合わせた、蛇を非常に強く意識した家紋だと思われます。

 

ご利用について

利用規約をご参照ください。

黒田氏

官兵衛

肖像素材イラスト

長政

第二次晋州城の戦い肖像軍旗素材イラスト黒田長政TV1~3/4/5/6/7

家紋

織田木瓜五三桐三つ葉葵/藤巴/九曜大一大万大吉違い鎌一文字三星

赤鳥北条鱗花菱永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目水色桔梗

本の字三葉柏対い蝶糸車(中結祇園守)蛇の目おもだか三つ巴

丸に三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱政宗の三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝家紋軍旗戦国アイテム武将歴史ポップ