戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

丹羽長秀 家紋 直違(すじかい)とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式/背景透過

直違紋 直違紋_紺 直違紋_ピンク 直違紋_黄色 直違紋_赤 直違紋_紫 直違紋_灰色 直違紋_ゴールド 直違紋_水色 直違紋_緑

解説

丹羽長秀丹羽長秀の直違は「すじかい」と読み、直違紋というカテゴリに属します。直違紋にはこのように線を交差させた紋が何種かあります。

丹羽長秀が戦場で刀についた血をふいた時、二線交差のような跡がついたので、豊臣秀吉秀吉が面白いのでそれを紋にされてはどうか、と言ったのでこれが丹羽氏の紋になりました。

しかしこの紋は秀吉の頃にできたものではなく、南北朝の頃からあって、太平記にも旗紋に用いられてことが出ています。

また直違は呪符としての意味があるようで、加藤清正加藤清正加藤清正の家紋・蛇目アイコン蛇の目紋もこれに当たります。

長秀の直違はマイナスの呪符として、清正の蛇の目はプラス・マイナスの呪符としての効果が期待され、直違は陽性でない為か、蛇の目ほど広まらなかったようです。でもこうしてカラフルに並べてみると、結構キレイだったのは意外でした。

 

参考文献

  1. 丹羽基二 『家紋逸話事典 』(立風書房、1995年)

ご利用について

利用規約をご参照ください。

家紋

織田木瓜五三桐三つ葉葵藤巴九曜大一大万大吉違い鎌一文字三星

赤鳥北条鱗花菱永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目水色桔梗

本の字三葉柏対い蝶糸車(中結祇園守)蛇の目おもだか三つ巴

丸に三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱政宗の三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝家紋軍旗、旗指物兜、刀、軍配など戦国アイテム

戦国武将【東日本】戦国武将【西日本】歴史ポップイラスト