戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

豊臣秀吉の家紋 五三桐とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式/背景透過

五三桐黒 五三桐黄色 五三桐薄緑 五三桐藍色 五三桐青五三桐赤 五三桐水色 五三桐橙 五三桐灰色 五三桐ゴールド色

解説

いろいろある桐紋

桐紋は、葉の上の花の数になどにより、五三桐、五七桐、十一七桐など様々な種類があります。

豊臣秀吉豊臣秀吉は前述した桐紋の他、独自の太閤桐も使用。当サイトでは五三桐を選んで作製しました。桐の花の実物は桐(写真集)をご参照ください。

朝廷から賜った紋

桐紋や菊紋は朝廷の紋です。つまり秀吉は、朝廷から太政大臣の位や豊臣の姓を賜ったように、桐紋と菊紋を賜ったのでした。[註1]

更に秀吉は、各地の諸将に同族意識を植え付ける為に、五三桐は毛利、仙石、脇坂等、五七桐は前田、伊達、山内等に桐紋を与えまくりました[註2]。ちなみに織田信長織田信長足利義昭足利義昭から桐紋を拝領しています。

桐紋の前は何紋?

それでは信長時代の秀吉は何紋を使っていたのか?という問題が浮上してくるのですが、秀吉の旧姓である木下氏のおもだか紋を使用した可能性が高いです。この紋はのちに福島正則福島正則が使用したので福島おもだかと呼ばれています。

 

補註

  1. 谷口克弘・伊澤昭二・大野信長『図説・戦国武将118―決定版 』(学研、2001年)
  2. 丹羽基二 『家紋逸話事典 』(立風書房、1995年)

ご利用について

利用規約をご参照ください。

豊臣秀吉

秀吉家臣団刀狩/素材:肖像軍旗/イラスト:リアルほっこり

家紋

織田木瓜/五三桐/三つ葉葵藤巴九曜大一大万大吉違い鎌一文字三星

赤鳥北条鱗花菱永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目水色桔梗

本の字三葉柏対い蝶糸車(中結祇園守)蛇の目おもだか三つ巴

丸に三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱政宗の三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝家紋軍旗、旗指物兜、刀、軍配など戦国アイテム

戦国武将【東日本】戦国武将【西日本】歴史ポップイラスト