戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

加藤清正家紋 蛇の目とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式/背景透過

加藤清正の家紋_蛇目素材PNG 蛇目紋_青 蛇目紋_ピンク 蛇目紋_黄色 蛇目紋_緑 蛇目紋_グレー 蛇目紋_赤 蛇目紋_紫 蛇目紋_水色 蛇目紋_橙

解説

加藤清正加藤清正の蛇の目紋は、その名の通りヘビの目をかたどっています。清正の現存する長烏帽子形の兜には金箔押しの蛇の目紋がついています。

蛇は十二支の一。古くから人間に恐れられてきた反面、の使いや大地の主として崇められ、常陸風土記や雄略紀など日本の神話などにも多々登場します。

民俗学者・吉野裕子『 』(講談社、1999年)において、蛇の目に関して重要な考察をしているので下記にご紹介します。

"蛇の目はマブタがないため、その目は常時、開き放しで、まばたくということがない。この「マバタキ」のないことは蛇の目の特徴で、他の爬虫類にはみられないのである。そこでこの「マバタキ」のない蛇の目に出逢うと、人間はじっと蛇から睨みつけられているように思う。その結果、蛇の目は特に「光るもの」として受け取られ、古代日本人の感覚に対して、蛇の目は非常に訴えるものがあったのである。"

…かくして文禄慶長の役においての主戦派先鋒・清正にとっても非常に訴えるものがあったのでしょう。家紋に隠された意味においても、小西行長小西行長に負けてない。

さて清正の正式な紋は、祖父が土岐氏から下賜された桔梗紋で、蛇の目紋は裏紋。衣服調度品には桔梗紋を、武具の類は蛇の目を使う場合が多かったようです。

ご利用について

利用規約をご参照ください。

加藤清正

第二次晋州城蔚山の戦い肖像10周年イラスト

家紋

織田木瓜五三桐藤巴九曜大一大万大吉

違い鎌一文字三星赤鳥北条鱗花菱

永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目桔梗

本の字三葉柏対い蝶糸車/蛇の目/おもだか

三つ巴三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱

政宗三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝軍旗兜など武将歴史ポップ