戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

小西行長家紋 糸車(中結祇園守)とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式/背景透過

小西行長の家紋_糸車(中結祇園守) 小西行長家紋_糸車(中結祇園守)紺 小西行長家紋_糸車(中結祇園守)ピンク 糸車紋(中結祇園守)黄色 糸車紋(中結祇園守)水色 糸車紋(中結祇園守)紫 糸車紋(中結祇園守)グレーカラフル糸車紋(中結祇園守)黄色カラフル 糸車紋(中結祇園守)藍色カラフル 糸車紋(中結祇園守)赤カラフル

解説

小西行長小西行長の家紋は、祇園守紋(ぎおんまもりもん)のカテゴリに属します。

また行長の紋は、糸車とも中結祇園守(なかむすび-ぎおんまもり)とも言われてます。ちなみに立花宗茂も、小西のものとは細部が違う祇園守紋を使用しています。洗練されたデザインですが、家紋にしては何じゃこりゃ?って疑問に感じますよね。

祇園守紋は京都の八坂神社が出すお守札をデザインしたものですが、実態は謎に満ちています。家紋研究家の丹羽基二氏が著作[註1]の中で、八坂神社へ実際に行って札所で祇園守紋について尋ねてみた時の面白いエピソードは下記の通り。

「ゴズ天王の頭の飾りだそうですが…」「ゴズ天王ってなんですか」「それがまずわからない」

閑話休題。祇園守紋が"隠れキリシタンの紋"だと聴けばどうでしょう?小西行長はキリシタン大名の代表格ですから、あ、成る程、と思いますよね。真ん中の交差する巻物のようなものを十字架に見立てています。というわけで祇園守紋はとりあえず、"隠れキリシタンの紋"、もしくは"ゴズ天王の頭の飾り"と覚えておきましょう。

さて、行長は文禄の役先鋒で韓流時代劇『不滅の李舜臣』にも登場することあり、韓国では行長の家紋より白地に青の山道の軍旗の方が有名かと思います。併せてご参照ください。

 

補註

註1:丹羽基二 『家紋逸話事典 』(立風書房、1995年)

ご利用について

利用規約をご参照ください。

関連トピック

小西行長

平壌の戦い幸州山城の戦い順天の戦い/素材:肖像軍旗/イラスト:10周年

家紋

織田木瓜五三桐三つ葉葵藤巴九曜大一大万大吉違い鎌一文字三星

赤鳥北条鱗花菱永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目水色桔梗

本の字三葉柏対い蝶/糸車(中結祇園守)/蛇の目おもだか三つ巴

丸に三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱政宗の三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝家紋軍旗、旗指物兜、刀、軍配など戦国アイテム

戦国武将【東日本】戦国武将【西日本】歴史ポップイラスト