戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 家紋

織田信長家紋 五つ木瓜(もっこう)とは フリー素材付き解説

フリーイラスト

PNG形式/背景透過

五つ木瓜(織田木瓜) 五つ木瓜(織田木瓜)赤 五つ木瓜(織田木瓜)PNG青 五つ木瓜(織田木瓜)水色 五つ木瓜(織田木瓜)橙色 五つ木瓜(織田木瓜)PNG灰色五つ木瓜(織田木瓜)黄色 五つ木瓜(織田木瓜)ピンク 五つ木瓜(織田木瓜)紫色 五つ木瓜(織田木瓜)ゴールド

解説

木瓜紋(もっこうもん)は、もとは朝倉義景越前朝倉氏の紋ですが織田氏が朝倉氏の豪族の時にもらいました。朝倉氏の三盛木瓜織田信長信長が変形させて、このような織田木瓜となっています。

中国最古の詩集において、上記由来を彷彿させる詩があったので以下ご紹介します。

『詩経』衛風,木瓜(もくか)

「投我以木瓜(われにとうずるに もくかをもってす)報之以瓊琚(これにむくゆるに けいきょをもってせん)匪報也(むくゆるに あらざるなり)永以為好也(ながくもって よしみとなさん)」

訳:木瓜を与えてくださったお礼に瓊(たま)を贈りたい。(瓊琚は)おという程ではないが、永く好みのしるしとしたい。

ボケの写真

2019年4月6日 in埼玉県入間市

ボケの花_拡大

木瓜は「ボケ」とも読み、バラ科の落葉低木で深紅の五弁花を咲かせます。同じくバラ科のに大なり小なり似ています。

ボケの花_垣根

ボケが木瓜紋と関係があるのかないのか定かではありませんが、織田木瓜に似てなくもないような気がします。垣根としてお花は塊となって咲いていました。

同月5日 in同県狭山市

ボケの花_道端

お散歩していたら、道端でたまたま自生のボケを発見。これは同属の(草木瓜)と呼ばれるお花のようで、お花はボケに似ていますが、丈がボケよりも更に低木です。

四月五・六日だと枯れかけていました。首都圏は概ね三月下旬ごろが見頃でしょうか。戦国ファンは桜の開花予想に流されて、ボケの開花時期を忘れてしまわないようにしましょう。いや別にいいけど。それにしても木瓜紋はポケモンならぬ「ボケモン」ですね。まだ寒いですから

参考文献

高田眞治『詩經(上) 新装版 漢詩選 (1)』(集英社、1996年)

ご利用について

利用規約をご参照ください。

織田信長

素材:肖像1肖像2永楽通宝銭軍旗家臣団

描き方:うつけバテレン風肖像画

イラスト:リアル久秀とほっこり

家紋

織田木瓜/五三桐藤巴九曜大一大万大吉

違い鎌一文字三星赤鳥北条鱗花菱

永楽通宝銭雁金片喰剣梅鉢角立四目桔梗

本の字三葉柏対い蝶糸車蛇の目おもだか

三つ巴三引両三盛木瓜三盛亀甲剣花菱

政宗三引両直違筆文字の十

フリー素材一覧

朝鮮王朝軍旗兜など武将歴史ポップ