戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

石川数正(いしかわ-かずまさ)出奔して信濃松本城を築城した家康家老

目次

プロフィール詳細相関図関連記事

プロフィール

Kazumasa Iishikawa

徳川家の家老。幼名は助四郎。

家康と幼い頃より苦楽を共にしたが、何故か徳川家を突然出奔。秀吉の所へ行き、徳川家臣団に衝撃を与えた。信濃(長野県)松本城を居城とする。

享年61(1533?-1592)。

小早川隆景織田信長細川藤孝と同世代。徳川家康家康より10歳年上。

詳細

徳川家康徳川家康が八歳の時に今川家の人質なる不遇な時代に家康と共に過ごした家老の数正。

織田信長が死去し、豊臣秀吉豊臣秀吉が天下を治める時代になると、徳川家と豊臣家の折衝(せっしょう)役となり、徳川家と豊臣家が不仲にならないよう尽力をつくしました。

しかしどういうわけか、徳川家をいき出奔。秀吉の所に行ってしまうのでした。そして秀吉の家臣となり、親子二代で国宝松本城を作り上げました。しかし、特に秀吉に厚遇されたというわけでもないらしい一生を送りました。

家康は苦楽を共にしてきた数正の出奔にはかなりの衝撃を受けたよう。数正の出奔理由は多くの謎に包まれたままです。余り家康を裏切る武将というのはいないだけに、石川数正、なんだか気になる人です。

石川数正 相関図

数正は、酒井忠次酒井忠次と並んで徳川家康徳川家康の元家老でした。

家康を裏切った後仕えた武将:豊臣秀吉

謎の出奔をした武将

伊達成実後藤又兵衛

  

関連記事