戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

大久保彦左衛門(おおくぼ-ひこざえもん)古武士にして三河物語を遺す作家先生

目次

プロフィール詳細相関図関連記事補註

プロフィール

大久保彦左衛門
Hikozaemon okubo

別名・忠教(ただたか)。

家康の家臣として、兄・忠世(ただよ)とともに、数々の合戦に参加、戦功を立てた。

待遇面ではパッとしなかったが、家康・秀忠・家光の三代に仕え、時勢に流されず古武士の意地を貫いて、天下の御意見番として、のちの世まで人気を博す。

『三河物語』の作者でもある。享年80(1560-1639)

同い年は、石田三成直江兼続後藤又兵衛

詳細

不遇の大久保一族

大久保彦左衛門は、別名・忠教(ただたか)とも言い、徳川家康徳川家康徳川秀忠秀忠徳川家光家光の三代に仕えました。

古武士の意地を通して、気骨のある態度を貫いたといわれ、天下の御意見番として様々な逸話が作られ、講談などで人気を博しました。

それでは天下の御意見番となるまでの、ちょっとツイていない彦左衛門の人生を見てみましょう。

彦左衛門は、永禄三年(1560)松平氏の老臣である大久保忠員(ただかず)の八男として、三河に生まれました。兄・忠世(ただよ)に従い、数々の合戦に参加、戦功を立てました。

家康の関東の移封の後、兄・忠世の子で小田原城主の大久保忠隣(ただちか)に扶養されていました。しかし家康の側近・本多正信との確執によってか、何故か忠隣は改易されて近江国に蟄居させられました。

これにより彦左衛門(55歳)は、徳川家康に仕えて三河額田郡で一〇〇〇石の地を新たに与えられ、鑓(やり)奉行となりました。

大坂の夏の陣の際には、家康の旗が崩れたことを、のちに論功の席で家康に逆らって強情に否定し、主家の恥を認めなかったいいます[註1]。

寛永九年(1632)、彦左衛門(73歳)は旗奉行となり、翌年一〇〇〇石加増され、同一二年、三河の三〇〇石の地を常陸鹿島郡に替えられました。

大久保一族は、家康覇業の功臣であり、兄・忠世、その嫡子・忠隣は重用されていました。しかし忠隣の改易により、大久保一族は不遇の時をしばらく過ごしました。

時勢に対する彦左衛門の不満の一因はここにあったとされます。彦左衛門は、家康・秀忠・家光の三代に仕えた戦場の生き残りとしての自負と誇りにかけて、古武士の意地を通す処世の態度を取ったようです[註2]。

彦左衛門の有名な著作、『三河物語』上中下三巻には徳川家代々の事績や、大久保一族の活躍はもとより時勢批判を伺い知ることができます。各巻の終わりには門外不出と追記されていました。享年八〇。

大久保彦左衛門 相関図

主君

徳川家康徳川家康徳川秀忠徳川秀忠徳川家光家光

武功派の同僚たち

本多忠勝本多忠勝榊原康政榊原康政井伊直政井伊直政酒井忠次酒井忠次石川数正

ライバルの同僚

本多正信

  

関連記事

徳川家康家臣団、外様大名

補註

註1:永原慶二編『日本歴史大事典 (1) 』(小学館、2000年)参照

註2:国史大辞典編集委員会『国史大辞典 第2巻 う~お 』(吉川弘文館、1980年)