戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. イラスト
  3. 企画集

企画集

佐竹義宣・DAPPEブランドインタビュー

武田信玄/松永久秀/伊達政宗

常陸国(ひたちのくに)の佐竹義宣(よしのぶ)くんに、石田三成くんがインタビューしました。

あいさつ

石田三成

石田三成

こんにちは。石田三成です。何故私が、インタビューしなきゃいけないのかよくわかりませんが、佐竹くんのお話を聞いていきます。

佐竹義宣

佐竹義宣

こんにちは。常陸国(茨城県)在住の武将、佐竹義宣だっぺ。大名だけがオシャレを楽しんでるような、戦国時代じゃ、寂しいと思って、戦国庶民武将も気軽に楽しめる、ブランドをこの度、立ち上げたっぺ。それが茨城発・DAPPE(だっぺ)ブランド。よろしくね。

本題

三成:早速、佐竹くんに佐竹くん作・DAPPEブランドについて、お話を聞いていきます。読んでくださるあなた殿、佐竹、宜しくお願いします。

佐竹:宜しくお願いします。

三成:DAPPEブランドのモデルは、公募だったとのこと。オーディションを受けに来た人に対して、佐竹自ら厳しい審査をしたわけ?

佐竹:いや、三人しか応募がなかったから、オーディションも何もないよ。

三成:三人?!じゃあ、武田信玄殿と松永久秀殿と伊達政宗殿、応募した時点で全員合格だったんだ。

佐竹:いや、ひとり落して、ひとりはモデルになってくれるように頼みこんだ。

伊達政宗

三成:え、どういうこと?

佐竹:応募してきたのは、信玄殿と政宗殿とカニちゃん(可児才蔵)。で、カニちゃんは既にスーパーカリスマモデル武将じゃない?めちゃくちゃギャラ高くてびっくりした。そんなわけで断った。

三成:じゃあ、佐竹が自らスカウトしに行ったのは、応募してない松永久秀殿ってことだよね。佐竹のタイプなわけ?

佐竹:いや全然。でもあの人は実に茨城県民ぽい。松永殿なしじゃ、DAPPEは考えられないと思った。

三成:茨城ぽいって何?!

松永久秀

佐竹:昨今のヒット映画「下妻物語」(監督:中島徹也)は茨城が舞台なんだけど、ヤンキーが出てくるわけ。茨城には、ああいう昔懐かしのヤンキーが生息しているんだよね。そういうヤンキーを彷彿させてくれるのが、松永殿。あの人は、奈良県民とは思えない。生まれてくる県を彼は間違えたね。

三成:全く言っている意味がわからないんだけど。で、松永殿はDAPPEのモデルになることを承諾してくれたの?

佐竹:うん、俺がさ、今までにない、新しい安土桃山文化を作りたいって、松永殿に会いに奈良まで行ったの。そしたら織田信長には、文化面でも先を走りたいだなんだ松永殿が言い始めて、あっさりDAPPEのモデルになってくれたよ。

武田信玄

三成:へえー。で、今更なんだけどさ、政宗殿は、佐竹のライバルだし、松永殿と信玄殿って、俺達接点ないよね?

佐竹:仕方ないじゃん。モデルになってくれる人が少なかったんだから、史実通りにできなかったんだよ!

三成:?全く意味がわからない。所で信玄殿ってモデルの三人の中でもとりわけ違和感があるんだけど、なんでかな?

佐竹:信玄殿はアジアンビューティーだね。モデルやってもらって、初めて気がついた。違和感があるのは、気合入りすぎているんじゃないかな。DAPPEのモデルやるために、かなり減量してくれたみたいだし。

三成:なんで佐竹のDAPPEの為に三人共、そんなに協力的なんだろう。

佐竹:政宗殿なんかはオシャレにうるさいからね。DAPPEは戦国ユニクロ価格で、貧しい武将にも気軽にオシャレが楽しめる、このコンセプトは信玄殿、松永殿、政宗殿まで、同じく共感してくれたんだと思う。

武田信玄/松永久秀/伊達政宗

三成:ふーん。で、DAPPEって、主に甲冑と着物に力を入れているの?

佐竹:いや、まだ決めてない。ほとんど何も作ってないよ。

三成:モデルの三人の着てるものって、もしかして自前?!

佐竹:うん、そうだよ。彼ら個々の自前。

三成:佐竹、いい加減にしろよ。

佐竹:そんな典型的な髪形と服装しているつまんない人間に、言われたくないね。つまんねー!

三成:シンプルが一番美しいんだよ!

以上、ここで時間終了。インタビューおわり。

DAPPEのロゴ

結び

そもそもの佐竹くんのDAPPEの始まりは、ブログの戦国デイズに始まります。デイズに書かれたDAPPEブランドをカタチにして、当サイトでまとめた次第であります。なんじゃこりゃ~!しかし第二弾も機会があれば作ってみたいです。苦情は受け付けません。(笑)

企画集

敦盛HIPHOPバージョン2007戦国シルバー武将

津軽為信と陸奥三国志デル・プラド社 戦国覇王

戦国一コマ漫画佐竹義宣 DAPPEブランド

関連記事

イラスト:武田信玄松永久秀伊達政宗佐竹義宣