戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 武官服装・具軍服(クグンボク) フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト

解説具軍服トンダリ戦服)・戦帯兵符

戦笠藤策木靴参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 武官/堂上官・正三品以上

朝鮮武官軍服イラスト

解説

具軍服

朝鮮王朝武官具軍服_図解
図:朝鮮王朝武官 具軍服

朝鮮王朝武官の軍服の一つに、具軍服(クグンボク/구군복)があります。

捕盗大将(ポドテジャン/警視総監 従二品)、兵馬節度使(ピョンマ チョルトサ/陸軍将 従二品)、水軍節度使(スグン チョルトサ/水軍将 正三品)などの武官たちが着用しました。

すなわち韓国時代劇などで登場する、イラストのような格好をしている人物は、堂上官・正三品以上の司令官です。

平時には具軍服、文禄・慶長の役など有事の際は戒服(ユンボク)または(カボッ)を着ます。

トンダリ

トンダリ(동달이)は軍服の一つ。朱紅色(赤橙)の身頃に赤の細袖が付いた服で、動きやすいように仕立てられました。

第一九代国王・粛宗(スクチョン/ 在位1674-1720)時代の資料に描かれているトンダリには橙、緑、藍色、赤紫、黒、桃色などで、袖の部分が紅色のものがあります。

トンダリの語源は、他の(タルン/다른)色の袖を付けた服のようで、狭袖(ヒョプス)とも呼ばれていました。

戦服

トンダリの上に戦服(チョンボク/전복)を着ます。戦服は武官の官服で文武官が普段着にもしました。タポ(답호)とも言います。袖や衽(えり)がなく、丈が長く、両脇の下部と背縫いの腰から下が割れています。

戦服の色は、赤紅、青、藍色のほか、記録によると緑や灰色などもあるようです。

戦帯

戦帯(チョンデ/전대)は、武官が軍服に締めた藍色の帯です。

兵符

朝廷から発行された軍司令官証である兵符(ピョンブ/병부)を白や黄色の細長い布に取り付けて、戦帯に下げます。

戦笠

武官の帽子である戦笠(チョルリプ/전립)をかぶります。

藤策

馬用の鞭である藤策(トゥンチェ/등채)を右手に持ちます。

木靴

木靴(モクァ/목화)と呼ばれる革製の長靴を履きます。

武官軍服も役人の官服同様、様々な約束事があります。韓国時代劇に見られる具軍服も、文献との相違が大なり小なり見られ、現代風にアレンジしてようです。というのも毎度韓国時代劇を参考にして描いては、後から多大な修正を余儀なくされる、学習しない?私です。(笑)

 

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背

服飾:国王/王室妃 大礼服平服/役人 官服戒服・具軍服・鎧 甲冑

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符

器物:亀甲船

/2020年1月27日 公開