戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王室 女性服装 唐衣 フリーイラスト付解説

目次

フリーイラスト解説

1.髪型_チョプチモリチョプチピニョティコジ

2.服_唐衣オッコルムノリゲ

3.スランチマ 4.時代考証参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 世子嬪(皇太子妃)/唐衣(平服)

朝鮮王室女性_唐衣イラスト

解説

朝鮮時代の王室女性である王妃、皇太子妃・世子嬪(セジャビン,세자빈)、正室の娘である王女・公主(コンジュ,공주)や側室の娘・翁主(オンジュ,옹주)などが宮中で普段着ている服装(装束)や身に着けている装飾品は以下の通りです。

1.髪型_チョプチモリ

朝鮮王室女性 唐衣_構成と部分名
図:朝鮮王室女性 唐衣_構成と部分名

チョプチ

チョプチと言うヘアバンドを付けます。チョプチは王族や女官、上流階級の女性が付け、品階を表しました。チョプチを付けた髪型をチョプチモリと言います。

ピニョ

髪をうなじで一つに束ね、簪(かんざし)のピニョで固定します。イラストは珊瑚(サンゴ)ピニョと、王族のみに許された龍簪(ヨンジャム)を挿しています。

ティコジ

簪のティコジを髷(まげ)の上に挿して、いっそ華やかに見せます。

2.服_唐衣(タンイ)

唐衣(タンイ,당의)は、女性の礼装の一。宮中では平服として来ました。

唐衣の色は黄緑、赤紫、黄色、白色などがありますが、最も多く着られたのは黄緑です。また妃や最高位の女官の場合、金襴を施します。

唐衣の形態は、丈がチョゴリの約三倍で脇の下が割れ、裾は曲線。また階層に関係なく、袖の端に白いコドゥルジ(거들지)という付け袖を付けます。

補(ポ)

妃や最上位の女官は、両肩・胸・背に龍補を付けます。補は、宮中の繍房(スバン)という部署で製作。

オッコルム

黄緑の絹の表地に紅の裏地を当てた唐衣に、赤紫のリボン・オッコルム(옷고름)二本を左に、右身頃には短い内コルムが付いてます。

ノリゲ

ノリゲはオッコルムに下げた飾り房。イラストは、主に宮中で使われた最も大きく華麗な大三作ノリゲ。

3.スランチマ

スカートの裳(チマ,치마)は腰に巻いて、紐を上腹部で結ぶようになっています。国王正室や側室が礼服として着たチマをスラン(膝襴,스란)チマと言います。庶民でも婚礼の際は新婦が履きます。

スランチマの色は深紅や藍色で、裾には金色の装飾の帯状文様=スランダン(膝襴段)が施されています。スランダンの文様は王妃は龍紋、世子嬪(皇太子妃)は鳳凰紋、皇女は花や文字の紋が用いられました。

スランダン一段は公的な宴で用いる小礼服、二段は即位式や宮中の嘉礼など主要な国事行事に用いる大礼服とされました。

4.時代考証

…とまあ、史実通りガチガチにやると、朝鮮王室女性の服装は概ねイラストのようになります。

韓国時代劇に出てくる王室女性は、現代風にアレンジされている面も多々あるようです。唐衣にオヨモリ(ウィッグ)&大襴チマなども散見され、イラストを何十回と描き直すハメに。学習しない私もアレですが、官服同様にルールが細かいので、見た目以上に描くのが難しいです。

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃/服飾:国王/王室妃 円衫・唐衣

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョ

用語解説:内命婦側室階級所属部署女官階級