戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 王女装束 フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト解説

髪型:チョプチモリ(1.チョプチ 2.ピニョ 3.ティコジ

服:唐衣/スカート:大襴チマ

参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

朝鮮王朝 王女

朝鮮王女イラスト

解説

前頁では朝鮮時代の王族女性のうち、大妃(テビ)や王妃(ワンビ)の装束(服装)を見ました。

当頁では、正室の娘・王女=公主(コンジュ,공주)、側室の娘=翁主(オンジュ,옹주)の装束をイラストと共に見ていきましょう。

髪型はチョプチモリ

朝鮮王女装束_構成と部分名
図:朝鮮王女装束_構成と部分名

1.チョプチ

チョプチ(첩지)と言うヘアーバンドを付けます。チョプチは宮中、上流階級の女性が付け、品階を表し、王族は中央に動物の飾りが付いています。

2.ピニョ

髪をうなじで一つに束ね、簪(かんざし)のピニョ(비녀)で固定します。イラストは珊瑚(サンゴ)ピニョと、王族のみに許された龍簪(ヨンジャム)を挿しています。

3.ティコジ

簪のティコジ(뒤꽂이)を髷(まげ)の上に挿して、いっそ華やかに見せます。

服は唐衣(タンイ)

唐衣(タンイ/당의)は、女性の礼装の一。宮中では平服として来ました。

特徴は、両肩・胸・背に付ける龍補、リボンのオッコルム(옷고름)、ノリゲが挙げられます。

色や形態などの詳細については、王妃の唐衣をご参照ください。

スカートは大襴チマ

スカートはチマ(치마)と言い、王族の女性が大礼服として着たチマを大襴(テラン/대란)チマと言います。王妃(正妻)は鳳凰紋、王女と側室の娘は花紋を施し位を表しました。

大襴チマの色や形態等、詳細については王妃の大襴チマをご参考ください。

イラストの花紋は、文献(2)に基づき上段は喜・冨・男・夛(多)、下段は壽・福(福)の文字紋(문자문)をあしらいました。男子誕生の願いが込めて「男」の文字が入っていると思うのですが、ただ華やかなだけではないところが朝鮮王朝らしく面白いですね。

 

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃/装束:国王王妃・王女

髪飾り:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジ

装飾具:ノリゲ/器物:亀甲船

/2019年10月7日 公開