戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 戦国アイテム

伊達政宗 三日月兜 フリーイラスト付き解説

フリーイラスト PNG形式/背景透過

三日月形兜@伊達政宗

伊達政宗兜素材

解説

安土桃山時代、仙台市博物館蔵「鉄地黒漆塗六十二間筋兜」[1]を参考に描きました。伊達政宗伊達政宗所用と伝わる重要文化財。

六二間の筋兜に、金箔押の三日月形の前立がつきます。兜両脇から左右から後方に垂れる錏(しころ)は板物四段下り。ちなみに鍋島直茂鍋島直茂六二間小星兜

ユニフォーム化する甲冑

仙台具足は、政宗に始まる、シンプルな鉄地黒漆塗の具足。地厚の鉄地に五枚の鉄板を蝶番(ちょうつがい)でつないだ五枚同形式です。幕末まで形を変えることなく仙台藩では藩主以下、足軽の御貸(おかし)具足にまで使われました。

兜の前立は、基本的に藩主が金箔押の雄大な弦月(げんげつ)、藩士は全て金箔押八日月を用いました。

仙台藩同様の形式の具足に、細川忠興細川忠興越中具足井伊直政井伊直政の彦根具足があります。これらも藩主から下級武士にまで代々使用、実用重視で装飾をおさえたシンプルなデザインを特徴とします。

朝鮮王朝官吏の衣服は、常服から甲冑に至るまで、品階によって細かく定められています。またオヨモリ茼箇など合理的に工夫されいる面も少なくなく、日本の戦国時代から入った私はカルチャーショックを受けました。

文禄の役第一次晋州城の戦いでは忠興三〇歳が、第二次晋州城の戦いでは政宗二七歳が日本軍として従軍。それまでの日本になかった、ユニフォームの文化の洗礼を受けたのかもしれません。

参考文献

  1. 伊澤昭二(甲冑解説)「黒漆塗五枚胴具足_伊達政宗」14頁『図説・戦国甲冑集―決定版 (2) (歴史群像シリーズ) 』(学習研究社、2005年)
  2. 笹間良彦(監修)棟方武城(執筆)『すぐわかる 日本の甲冑・武具』(東京美術、2012年)

ご利用について

利用規約をご参照ください。

戦国アイテム

兜:筋兜桃形椎実水牛百足二葉葵・三日月

采配軍配12メッセージフリー

お城短刀火縄銃床几ムカデ扇子

フリー素材一覧

朝鮮王朝家紋軍旗武将歴史ポップ