戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王妃の髪型オヨモリとは 作り方、構造解説

目次

フリーイラスト解説

オヨモリの作り方(1.地毛を束ねる 2.チョプチを付ける

3.オヨムチョクトゥリを載せる 4.加髢(カチェ)を載せる

5.トルジャムで飾る)/参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

オヨモリ

オヨモリ_朝鮮王妃の髪型 イラスト  

解説

オヨモリ(어여머리)は礼装用の髪型の一つで、大妃(国王母)、王妃(正室)、側室、王女(子女)のほか、高級女官(至密尚宮(チミルサングン)、堂上官(タンサングァン/正三品以上)の両班家の女性のみ許されました。

オヨモリの作り方

オヨモリ(朝鮮王妃の髪型)の作り方
図:オヨモリ(朝鮮王妃髪型)の作り方

オヨモリは地毛ではなく、加髢(カチェ/가체)と言われる付け毛です。今風に言えば高級ウィッグ。この特異な髪型の作り方は以下の通りです。

1.地毛を束ねる。

自分の髪をうなじで一つに束ね、リボンである短い唐只(テンギ/댕기)や簪(かんざし)のピニョで固定。これは既婚女性の一般的な髪形でチョクチンモリ(쯕찐머리)と言います。

2.チョプチを付ける。

チョプチ(첩지)は、平たく言うと高級ヘアバンドで、身分を表します。チョプチを付けた髪型をチョプチモリ(첩지머리)と言います。ここでは、下記オヨムチョクトゥリが滑り落ちるのを防ぐために付けます。

3.オヨムチョクトゥリを載せる。

オヨモリを固定するために、オヨムチョクトゥリ(어염족두리)をチョプチの飾りの上に載せます。これによりチョプチは、オヨムチョクトゥリに隠れて見えなくなります。

オヨムチョクトゥリは、黒の織絹に綿を入れ中間の部分を糸で縛ったもので、ひょうたんの形しています。韓流時代劇ではオヨムチョクトゥリが赤の場合が多く、イラストも説明のためわかりやく赤にしました。

4.加髢(カチェ)を載せる。

大きく編んだ加髢(カチェ/가체)と言われる付け毛を、3のオヨムチョクトゥリの上に置き、オヨムチョクトゥリに付いている紐やかんざしのピニョで固定します。

5.トルジャムで飾る。

トルジャムと呼ばれる揺れ飾りの簪などを左右、中央に飾って完成です。

ただ華やかなだけでなく、合理的な部分(チョプチ、オヨムチョクトゥリ)があって、それが結果的に見た目のユニークに繋がっているように思えます。

 

参考文献

  1. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)
  2. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背/服飾:国王王妃王女役人

女性 装身具:オヨモリ・トルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

男性 装身具:紗帽網巾貫子角帯亀甲船

/2019年9月9日 公開