戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 戦国講座

戦国講座

刀狩りとは

刀狩りとは

刀

刀狩りとは、農民や僧侶の保有する武器を没収した、豊臣政権の政策の一つです。

豊臣秀吉・刀狩令 天正一六年(1588)の内容

1:百姓が刀・脇差・弓・槍・鉄砲、その他の武具を持つことをかたく禁止する。これらは一揆や反抗の基になるから、領主の責任で没収せよ。

2:取り上げた武具は、建立する大仏殿の釘・かすがいに寄進するので、百姓はこの世のみならず、来世まで助かるであろう。

3:百姓は農具を持ち、耕作に専念すれば、子々孫々まで長久である[註1]。

豊臣秀吉豊臣秀吉の刀狩令(1588年)は上記3条より成り立っています。第2条の建立する大仏殿とは、京都・東山の方広寺のことで、1595(文禄4)年実際に大仏は建立されましたが、その1年後、地震で大仏が大破しました。

前史

刀狩りを全国で実施したのは秀吉が初めてですが、刀狩りには先例があります。

鎌倉幕府

1242年、鎌倉幕府は鎌倉における僧徒らの帯刀を禁じ、大仏に寄進すると述べ、僧侶の武装を禁止しました。

柴田勝家

1576年、織田信長織田信長の家臣である柴田勝家柴田勝家は、越前で一向一揆を鎮圧後、「刀さらへ」として、没収した武具で農具や船橋の鎖を作ったと伝えられています。

羽柴秀吉

前述の秀吉の1588年・刀狩り令の3年前、1585年、紀伊国・雑賀(さいか)一揆の制圧に際し羽柴秀吉は、「百姓が弓矢・槍・鉄砲・腰刀を持つことを禁止、百姓は鋤(すき)・鍬(くわ)など農具を大切にして、耕作だけに専念せよ」と命じました[註2]。

時代背景

戦国の世はまだ、士農工商の身分が峻別されておらず、百姓も刀や鉄砲を所持していました。

江戸時代に至っても百姓は(役人から許可を得て)鉄砲を所持し、田畑を荒らす猪鹿兎を追い払っていたことは、現存する近世村方文書にもよく見受けられます。

藤木久志氏[註3]によれば、戦国の世の人にとって種々の武器を所有することは、自分の属する社会や共同体から自力で防衛し、自立した村の成員であることの証明でした。よって、彼らから刀をはく奪することは、彼らの自立の表彰と名誉を奪うことを意味していました。

何故「刀」なのか

刀狩令を発布した秀吉は、鉄砲・弓・槍の武器以上に、百姓から「刀」を取り上げるよう大谷吉継大谷吉継ら奉行に指示していました[註4]。

百姓の持つ武具が、刀狩令1588年1条「一揆や反抗の基」というなら、刀より殺傷能力の高い鉄砲を取り上げるべきです。しかしそうしなかった。何故でしょうか?

刀は百姓・侍ともに戦国の世の人にとって、精神的支柱であったことは前述のとおりです。

すなわち秀吉は、徳川家康徳川家康が諸大名に鷹狩を禁じ、鷹を将軍家のシンボルとした身分秩序を構築したように、刀を侍のシンボルにした身分秩序を目指したのではないでしょうか。

刀狩りは、鉄砲より殺傷能力の低い刀を狩ることに主眼を置いている以上、その目的は兵農分離であって一揆の制止は二の次ではあったと考えられます。

  

参考文献

註1:永原慶二編『日本歴史大事典』(小学館、2000年)

註2:前掲書

註3:藤木久志 『刀狩り―武器を封印した民衆 (岩波新書 新赤版 (965)) 』(岩波書店 、2005年)

註4:前掲書

関連トピック

豊臣秀吉肖像画素材五三桐家紋軍旗素材秀吉家臣団イラスト