戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

宇喜多直家(うきた-なおいえ)

目次

プロフィール詳細:1.祖父と父を失う 2.浦上氏のもとで

3. 独立―毛利か織田か相関図参考文献関連記事

プロフィール

宇喜多直家
Naoie Ukita

備前国(岡山県)の戦国大名。宇喜多秀家の実父。

主家の内乱により祖父が討たれると、その仇を討つべく権謀術数の限りを尽くして主家を倒し、戦国大名となったダークヒーロー。

中央で織田信長が台頭し、羽柴秀吉が播磨路に侵入を始めると、毛利氏と羽柴勢の進出を阻む。しかし全国統一目前の信長に帰順して今度は毛利氏と戦う。

享年53(1529-1581)。織田信長より5歳、上杉謙信より1歳年上。

詳細

1.祖父と父を失う

出雲国(島根県)の尼子経久が中国地方に勢力を伸ばしていた頃。

直家の祖父・能家(よしいえ)は、備前国(広島県)の守護代・浦上(うらがみ)氏に仕えていました。しかし能家が浦上氏の内乱で討たれると、居城の備前砥石(といし)城を父・興家(おきいえ)と脱出。備後に隠棲しました。

興家も死去した七年後の天文一二年(1543)直家一五歳は、備前天神山城主にして浦上氏当主・宗景(むねかげ)の奥女中をしていた母の尽力で、改めて浦上氏に仕えました。

2.浦上氏のもとで

直家は、浦上宗景のもとで家名を再興し、備前西南部へ進出、手段を選ばぬ方法で主家の勢力拡大に寄与しました。

三一歳の時に妻の父を殺して沼城を乗っ取り、 祖父を殺した浦上家の重臣・島村豊後守をこの沼城におびき出して殺害。

永禄九年(1566)三八歳の時には、備中の覇者・三村家親を暗殺して備前侵入をくい止め、四〇歳の時には娘の嫁ぎ先である備前最大の土豪松田氏を金川城に滅ぼしました。

同年、尼子氏滅亡。毛利元就毛利元就が中国地方に勢力を伸ばしていましたが、元亀二年(1571)に元就死去。天正元年(1573)直家四五は、岡山に本城を築きました。

3.独立―毛利か織田か

天正五年(1577)直家四九歳は、毛利氏(小早川隆景毛利輝元毛利輝元)と手を組み、主家の浦上宗景を追放し没落させ、備前・美作・備中を勢力下とする戦国大名に成長しました。

その頃、中央では織田信長織田信長が台頭。信長配下の豊臣秀吉羽柴秀吉が播磨路に侵入を始めると、直家は毛利氏と羽柴勢の進出を阻みました。

しかし全国統一目前の信長に帰順し、毛利氏とは敵対関係になり、毛利氏と交戦中に岡山城で病死しました。

不遇な幼少時代を経て、策を弄して中国地方でのし上がっていく過程が元就と似ている直家。しかし元就が一族の結束を大切にし、大内氏・尼子氏という強大な勢力の間隙で戦い抜いたスケールの大きさと比べると、直家はあくまで戦国の梟雄(きょうゆう)なのでした。

宇喜多直家 相関図

家族

息子:宇喜多秀家宇喜多秀家  

味方のちにライバル

小早川隆景毛利輝元毛利輝元

ライバルのちに味方

織田信長織田信長豊臣秀吉羽柴秀吉

  

参考文献

  1. 国史大辞典編集委員会『国史大辞典 第2巻 う~お 』(吉川弘文館、1980年)
  2. 小和田 哲男監修『ビジュアル 戦国1000人 ―応仁の乱から大坂城炎上まで乱世のドラマを読む 』(世界文化社 、2009年)
  3. 森本繁『宇喜多直家_戦国合戦大全 (上巻) (歴史群像シリーズ (50)) 』(学習研究社、1997年)

関連記事

丑男武将イラスト