戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮王朝 婚礼服ファロッ(華衣)フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト 解説ファロッとは概要形態文様

スカート頭の飾りメモ

補註参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

新郎 団領/新婦 ファロッ(華衣)

朝鮮新郎_明度暗い ファロッ(華衣)朝鮮新婦

解説

ファロッとは

概要

ファロッ(華衣)構成部分名
図:ファロッ(華衣)構成部分名

ファロッ(활옷)は、高麗、朝鮮時代の王女の大礼服です。上流階級で婚礼服としても用いられました。

華衣(ファウィ)が訛って、ファロッと呼ばれているようです。今日では婚礼時に幣帛服(ペベクボク)[1]として用いられています。

ファロッは、形はほぼ円衫と同じで、深紅の地に長寿や吉福を表す長生紋が刺繍してあるのが特徴。

紅色は赤系統として、五行説によると方位は南、季節は夏で、吉色とされ、魔除けとして呪術的意味があり、婚礼には欠かせない色でした。

形態

ファロッは、脇が明いていて、身頃は前二つ、後ろに一つで、後ろ身頃は前身頃より20cmほど長いです。襟は付けず、後ろ部のみ縫って白いトンジョン(掛け襟)を付けています。

裏地は藍色とし、袖口には黄・紅・藍色の色縞・セクトン(색동)を付け、更に刺繍を入れた白い袖・汗衫(ハンサム/한삼)を付けます。

三回装(サムフェジャン)チョゴリ[2]を着たうえにファロッをまといます。

文様

ファロッの深紅の地全体には、王妃の龍補官吏胸背にも見られる長生紋が刺繍されています。

ファロッ後身頃の文様は概ね、波状紋上に牡丹・蝶・双吉鳥、両袖には鳳凰、前裾には波状紋の上に子連れの鳳凰が向かい合い、牡丹も刺繍されています。

また、掛け襟の両横に連花を手にした童子と「二姓之合」「百福之源」、後襟にも各色の糸で同じ文字を入れることがあります。

紅色の絹で作った鳳帯(ポンデ)を上腹部に締め、後ろに結んで垂らします。この帯は紅色で、七(約2m)余りあるので、前から巻いて後ろで締め、先を長く垂らします。

スカート

唐衣でも履かれる、赤と青のスラン(膝襴/스란)チマを重ねて履きます。イラストの金色の装飾の帯状文様(スランダン(膝襴段))は、花紋と喜・冨・男・夛(多)の文字紋(ムンジャムン/문자문)であしらいました。男子誕生の願いが込めて「男」の文字を入れます。

髪型はオヨモリ等にして、ピニョ(かんざし)は龍簪(ヨンジャム)を指します。

後ろにトトゥラク唐只(テンギ)、前にトゥリム唐只の装飾帯を垂らし、花冠を被ります。

メモ

私が朝鮮時代の婚礼服を初めて見たのは「イニョプの道」。華麗にも奇怪な恰好に衝撃を受けました。それ以来、韓国時代劇では必ずといっていい程、婚礼服を見かけます。何故なら韓国時代劇あるあるで、婚礼当日に事件は起こる!のです。おっと、ネタバレ注意だよ。

 

補註

  1. 幣帛(ペベク/폐백)とは、婚礼の六礼のうちの最後の儀式である親迎(チニョン)の後、新婦が舅姑に初めて挨拶するときに贈るもの。舅にはナツメ、姑には干し肉を贈るのが通例。
  2. 三回装チョゴリ(サムフェジャン-チョゴリ/삼회장저고리)とは、襟・脇・袖口・オッコルムが別色の上衣のこと。

参考文献

  1. 金英淑 (編著) 中村克哉 (訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

龍補:国王王妃胸背

服飾:国王/王室妃 円衫唐衣/役人 官服戒服具軍服鎧 甲冑

婚礼服:新郎/新婦:ファロッ緑円衫

女性 装身具:オヨモリトルジャムチョプチピニョティコジノリゲ

花冠簇頭里トトゥラク唐只トゥリム唐只

男性 装身具:翼善冠紗帽網巾貫子角帯朱笠茼箇戦笠藤策兵符

器物:亀甲船