戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 素材集
  3. 朝鮮王朝

朝鮮国王冠 翼善冠とは フリーイラスト付き解説

目次

フリーイラスト解説参考文献利用規約関連記事

フリーイラスト PNG形式/背景透過

翼善冠

翼善冠_朝鮮国王冠

解説

1.概要

朝鮮国王
朝鮮国王

朝鮮国王袞龍袍を着用する際には、翼善冠(イクソングァン,익선관)を被ります。中国からの贈与の形をとって導入されました。

帽子の前後二段の段差をつけ後ろを高くします。後頭部には蝉の羽形の飾りが上向きに付いており、これは王が天に属することを意味しています。帽頂の中央から後ろにかけて糸弁(ねじった糸)が付いています。

2.高さの変遷

翼善冠の高さは肖像を見てみると、時代によって変遷があります。

太祖李成桂(在位1392~98)は後段は前段より少し飛び出ているくらいでしたが、英祖大王(在位172476)になると後段は前段の二倍以上の高さになります。

現存している国立故宮博物館所蔵の英親王(大韓帝国皇太子)の翼善冠は初期のよう後段に低くなりました。

朝鮮時代は長いですから、官吏が被った冠・紗帽(サモ)もまた、時代によって形が多少変わります。

3.色

文献1によると翼善冠は、中央の糸弁は青、紫色の紗(サ)や羅(ラ)の絹織物で喪中の執務服には黒を用いたとのこと。

韓国時代劇ではきほん、国王が黒く高い翼善冠をかぶっています。現存する翼善冠(同館・英親王)は、当フリーイラストのように中央のねじった糸は紫、紫色で高さも低いです。

参考文献

  1. 金英淑(編著) 中村克哉(訳)『韓国服飾文化事典』(東方出版、2008年)
  2. 張淑煥(監修・著) 原田美佳 他(著・訳)『朝鮮王朝の衣装と装身具』(淡交社、2007年)

利用規約

フリー素材 利用規約はこちら

関連記事

朝服:冕服冕旒冠九章紋蔽膝佩玉

袞龍袍/龍補:国王王妃胸背

装身具:翼善冠・網巾貫子角帯兵符