戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国武将一覧

戦国武将解説

豊臣秀長(とよとみ-ひでなが)影の太閤にして兄秀吉の朝鮮出兵歯止め役

目次

プロフィール詳細相関図関連記事参考文献

プロフィール

豊臣秀長
Hidenaga Toyotomi

秀吉の4つ下の異父弟。通称・小一郎(こいちろう)。大和大納言。

人望が高く、いくさ上手であり、その実力と才覚で家臣団を統括。兄を天下人に導いたが、天下平定の半年後に死去。

また朝鮮出兵には反対で、最大の歯止め役になっていたため、秀長死後から朝鮮の役が現実化していく――

享年52(1537-1591)。同い年は元均。秀吉より三つ年下。

詳細

影の太閤

豊臣秀長秀長は、通称・小一郎(こいちろう)と言い、豊臣秀吉豊臣秀吉の4つ下の異父弟。秀吉をよく補佐し、初期秀吉の側近中の側近であった為、影の太閤とも呼ばれていました。

とはいうものの若い頃の秀長は、織田信長織田信長の家臣として、秀吉とは別に軍事行動をとっていました。秀吉の中国攻め以降、秀吉の配下に入りました。

信長が明智光秀によって本能寺で討たれたのが秀長42才の時。以降、病死までの10年、兄・秀吉の天下取りに全力を注ぎました。山崎での明智光秀との戦い、賤ヶ岳での柴田勝家柴田勝家との戦い、小牧・長久手での徳川家康徳川家康との戦い、いずれの戦いでも秀長は活躍。続く四国征伐・長宗我部元親長宗我部元親との戦いでは総大将となり、のちに大和郡山城主として、紀伊、和泉、大和を領しました。九州征伐・島津氏(島津義弘島津義弘)との戦いでも秀長は指揮官として奮闘、秀吉の天下統一は目前に迫りました。

秀長は大納言に叙任され、太政大臣となった兄・秀吉は豊臣の姓を賜りました。しかし小田原の戦いで北条氏政北条氏政を討って天下を平定した半年後、病のため秀長はこの世を去りました。まさに、これから豊臣政権が始まるという時でした。秀長は私欲がなく、いくさにあっては秀吉の名を立て、危険をかえりみず、温厚な性格で経済感覚も優れていました。そんな秀長の忠告を秀吉は素直に聴き、信頼を寄せてました。

朝鮮出兵には反対で、秀長が最大の歯止め役となっていました。秀長死後、秀長派の千利休素材千利休も後を追うように死去すると、朝鮮出兵が現実化していくのでした。享年52。個人的には、秀長が死去した時点で関ヶ原を待たずに豊臣政権は終わったと思っています。

秀長が死去した時、5万6000枚の金子(現在で42億くらいでしょうか)が四坪の部屋にたくさんの銀子が遺されていたそうです。これもやはり兄の為だったとか、もしくは古い係争の処理に使うものとも言われています。

豊臣秀長 相関図

豊臣家

兄で主君:豊臣秀吉豊臣秀吉/同僚・同派閥:千利休素材千利休/甥:豊臣秀次豊臣秀次

秀吉参謀:黒田官兵衛黒田官兵衛竹中半兵衛竹中半兵衛 

重臣

藤堂高虎藤堂高虎

ライバル

四国征伐:長宗我部元親長宗我部元親/九州征伐:島津義弘島津義弘

  

関連記事

豊臣秀長

肖像素材イラスト

参考文献

国史大辞典編集委員会 編集『国史大辞典〈10〉』(吉川弘文館1989年)

歴史雑学研究会 編さん『番外編 歴史雑学BOOKシリース゛ 図解!名将を支えた軍師たち (ローレンスムック) 』(綜合図書 、2007)