戦国サプリメント

戦国未満

  1. HOME
  2. 戦国人物一覧

戦国人物解説

塙団右衛門(ばん-だんえもん)無頼漢、最期の忠義

プロフィール

塙団右衛門
Danemon Ban

大坂の陣で豊臣方として活躍した武将。名は直之(なおゆき)。

加藤嘉明に仕えていたが出奔。また、北条綱成にも仕えたいたという説もある。

酒を飲みフラフラしていたが、大坂城で真田幸村らと徳川家を迎え撃つことにする――

享年48?(1567?-1615)。

同世代に伊達政宗真田幸村姜沆ら。

詳細

団右衛門は、豊臣子飼いの加藤嘉明加藤嘉明に仕え、文禄・慶長の役に軍功を立てました。しかし関ヶ原の戦いで出過ぎた行為があり、嘉明を憤慨させ、加藤家を追われました。

そのあと一五年間、ぶらぶらと気ままに過ごしました。最初は小早川秀秋小早川秀秋の鉄砲大将でしたが、関ヶ原の戦い後まもなく秀秋が死去。浪人となり、その後は常陸水戸城下で隠棲、妙心寺の僧侶、鉄牛と号して諸国を遍歴、福島正則福島正則に仕官するなどしました。

気のいい性格なので、いろんな家からうちに来ないかと誘いが来ますが、断ったり、または仕官しても上記の通り長続きしません。また、とにかくすごい酒豪で、お酒は手放せないような人でした。

そんな彼が最期に取った道は、大坂の陣で豊臣方について徳川方と戦うこと。大坂の冬の陣では大野治長の指揮下、騎馬武者と足軽をそれぞれ一〇人ほど従える程度でした。

夏の陣では大将格となり、三〇〇〇騎を率いて浅野長晟(ながあきら/浅野長政長政の子)隊と戦い敗死しました。

ここまで肩の力が抜けている武将も珍しいと言わざるを得ない。

塙団右衛門 相関図

大坂の陣西軍

真田幸村真田幸村毛利勝永長宗我部盛親後藤又兵衛木村重成

  

参考文献

ビジュアルでわかる戦国軍旗と大坂の陣 (SEIBIDO MOOK) 』小和田哲男監修(成美堂出版、2015年)p150塙団右衛門:当サイト管理人・宇野執筆。

関連トピック